サマータイム、20年導入は困難

自民党初会合で元五輪相

© 一般社団法人共同通信社

猛暑の中、皇居の近くを走るランナー=8月、東京都千代田区

 自民党の遠藤利明元五輪相は27日、夏場だけ国全体の時間を早めるサマータイム(夏時間)制度について、東京五輪・パラリンピックのある2020年の導入は現状では困難との認識を示した。制度のメリットとデメリットを検証する同日に開いた党研究会の初会合後に「気持ちは(導入)したいが、物理的にシステムの問題や、世論の反応を見ると、なかなかそこは難しい」と述べた。

 党の研究会は今後、有識者や産業界の関係者から意見を聴き、東京大会に向け導入について、年度内に中間報告をまとめる方針だ。サマータイムは東京大会組織委員会の森喜朗会長が暑さ対策として安倍首相に導入を要望していた。