“史上最大の下克上”から8年…西岡と成瀬、トライアウトで対峙した2人の想い

©株式会社Creative2

ともにトライアウトに参加した西岡剛(左)、成瀬善久【写真:福谷佑介】

2010年は西岡が首位打者、成瀬は2年連続2桁勝利で日本一に

 数奇な運命の巡り合わせだった。13日、タマホームスタジアム筑後で行われたプロ野球12球団合同トライアウト。各球団から戦力外となった選手が集い、現役への望みを繋ぐために最後のアピールの場だ。ここで2010年にロッテを日本一へと導いた立役者の2人が、投手と打者でぶつかり合うことになった。

 成瀬善久と西岡剛である。

 2010年のロッテは西岡がリードオフマンを務め、成瀬が開幕投手を務めるなど、2人は投打の中心だった。西岡は144試合で206安打を放ち打率.346、11本塁打、59打点を記録。首位打者と最多安打のタイトルを獲得した。成瀬は2年連続の2桁勝利となる13勝をマークした。チームは首位ソフトバンクと2.5ゲーム差の3位に終わったものの、クライマックスシリーズで勝ち上がり、進出した日本シリーズでも中日を撃破。“史上最大の下克上”を達成した。

 あれから8年後。2人はタマスタ筑後のグラウンドで対峙していた。西岡は日本球界復帰後5年間を過ごした阪神を戦力外となり、成瀬はFAで移籍し4年間を送ったヤクルトを戦力外に。ともに来季の所属球団がない身としてトライアウトに臨んだ。

成瀬は「甘くなかった」、西岡は「人以上に思うことはあった」

 なんという運命のイタズラだろうか。投手に与えられる対戦打者は3人だけであるのに、成瀬の対戦相手に西岡が組み込まれたのだ。

 1ボール1ストライクから始まるシート打撃。1球目がボールとなると、2球目、成瀬が投じた真ん中付近の真っ直ぐを、西岡が逃さず弾き返した。打球は鋭い当たりとなり、左中間を破った。悠々と二塁に到達した西岡。二塁にいた走者は本塁へと生還した。適時二塁打だった。

 トライアウト終了後、2人はそれぞれ対戦についての想いを語った。成瀬は「できれば西岡さんはストレートで抑えたかったんですけど、結果的に甘くいって打たれました。変化球は投げられたんですけど、西岡さんにはしっかりストレートで勝負したという思いがあった。甘くなかったです」と意図しての真っ直ぐ勝負だったことを告白した。

 さらに「同じチームだった先輩とこういう形で対戦するのは、いい形ではないかもしれないですけど。やっぱり打席入ったら緊張感あるな、しっかり投げないといけないなと思うところもありましたし、打たれたくないとか、色んな思いがありました。その中で打たれてしまいましたけど、こういう緊張感で投げられるというのは、自分にとって良かったと思います」と振り返った。

 一方の西岡も「トライアウトが始まる前に手紙が配られて、成瀬との対戦というのは分かったんです。成瀬とはロッカーで会って、思い切ってお互いやるべきことをやろう、必死でどんな球でも思い切って来いと、僕も真剣にいくという話はした。打席に立って、成瀬がマウンドにいるというのは、人以上に思うことはありましたね」と特別な感情を抱いていたようだ。

 2010年のロッテ日本一の立役者となった2人。トライアウトという場での対戦は、決して本望ではなかったはずである。互いに現役続行への想いを抱く成瀬と西岡。2人に朗報が届き、今度は公式戦の舞台で再び対峙する機会は巡ってくるだろうか。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)