柴田聡子、戌年にぴったりな7inch「ワンコロメーター」(c/w セパタクローの奥義) 本日リリース!

©有限会社ルーフトップ

精力的なライブ活動や文筆活動、はたまたドラマ出演と八面六臂の大活躍を続ける柴田聡子の、前作となるアルバム『愛の休日』より1年半、待望のリリースとなる7inch。

ライブではすでにキラーチューンの座を確立しているリードトラック「ワンコロメーター」。戌年である今年中にリリースしなければ、という謎の使命感に駆られてお目見え。人のココロワンコロ知らず、、、柴田的語感がふんだんに詰め込まれた歌詞とライム、反復の度に喜びが加速度を増していくループサウンド。“みんなのうた”的分かりやすさと抗えないビートの快感を備えた、子供も踊らす最強ダンスチューン。

「セパタクローの奥義」は、柴田曰く「7inch EPのカップリングには変な曲が入ってないとダメでしょ!」という思いの結実。アジアンテイスト満載、気持ち悪くて最高に気持ちイイ空中の必殺技。怪しげなサウンドで曲も揺れれば体も揺れる、空間も捻じ曲がって脳内サイケまっしぐら。でも歌われている内容は、聴いてみてのお楽しみ。町内会長から率先して踊っていただきたい1曲。

柴田聡子コメント

戌年にぴったりな一曲「ワンコロメーター」が出来ました。7inchでのリリースということで、B面にはとてもB面らしい「セパタクローの奥義」が収録されています。楽しく怪しい二曲なので、年の終わりに気ままに踊ってもらえたら嬉しいです。よろしくお願いします!