精道三川台高ペア全国へ エコノミクス甲子園長崎大会

© 株式会社長崎新聞社

 高校生が金融経済の知識を競う「第13回エコノミクス甲子園」の長崎大会が2日、長崎市銅座町の十八銀行本店であり、精道三川台高2年のティアニーレジー潔さん(17)・小川貴文さん(17)ペアが優勝。2月に東京で開かれる全国大会への切符をつかんだ。
 若い世代に金融経済の仕組みに関心を持ってもらおうと、NPO法人「金融知力普及協会」(東京)が地方銀行などと協力し、毎年開催している。長崎大会は9回目。
 今回は長崎、南島原、諫早、五島各市の高校から11組22人がエントリー。経済用語などに関するクイズが出題され、筆記と早押し問題の予選上位6組が決勝ラウンドで競った。
 昨年は決勝ラウンドで敗れたというティアニーレジーさんは「学校から2組出場し、みんなで猛特訓してきたおかげ」と振り返り、小川さんは「あと2カ月、しっかり勉強して臨みたい」と意気込んだ。

健闘をたたえ合うティアニーレジーさん(前列左から2人目)と小川さん(同3人目)ら出場者=長崎市、十八銀行本店