【速報】梅原さん死去 「天皇家の“ふるさと”日向をゆく」著者

©株式会社宮崎日日新聞社

 古代史や文学、宗教などを横断し、「梅原日本学」と呼ばれ、本県を舞台とした「天皇家の“ふるさと”日向をゆく」の著者として知られる、哲学者の梅原猛(うめはら・たけし)さんが12日午後4時35分ごろ、肺炎のため京都市左京区の自宅で死去した。93歳。仙台市出身。葬儀・告別式は近親者で行い、後日お別れの会を開く予定。喪主は長男賢一郎(けんいちろう)氏。

 京都大文学部哲学科卒。立命館大教授や京都市立芸術大教授、同大学長を歴任。国際日本文化研究センター設立に尽力し、1987年の発足時から95年まで初代所長を務めた。97年から6年間、日本ペンクラブ会長。992年に文化功労者に選ばれ、99年に文化勲章を受章した。