ミャンマーが札幌市円山動物園に 象4頭を寄贈

ミャンマーから札幌市円山動物園にアジア象4頭が寄贈された。

© Yangon Press Asia Ltd.

ミャンマーから札幌市円山動物園にアジア象4頭が寄贈された。

ミャンマーが札幌市円山動物園に 象4頭を寄贈

ミャンマーから札幌市円山動物園にアジア象4頭が寄贈された。
日麵国交樹立60周年を記念して寄贈されたもので、空輸によって輸送され、無事到着した。今回寄贈されたのは、15才のメス、27才のメス、その子どもとなる5才のメス、10才のオス。象導入計画は、6年前の2012年6月に市民からの意見募集から始まった。その3年後に、両国の間で動物相互寄贈プログラム覚書が交わされた。そして、昨年9月に象舎が完成し、4頭が来園した。一般公開は2019年春ごろを予定している。