「16強芸人」カカロニ菅谷が挑戦!UAEで飛び込みサッカーはできるのか?

© 株式会社コリー

みなさん、アジアカップを楽しんでいますか!?

ブラジル、ロシアとワールドカップの旅に貧乏旅行を続けてきたサッカー大好き若手芸人、カカロニ菅谷です。

海外の日本代表最新情報、Jリーグ超ゴールはこちら

ご存知ないという方はこちらをご覧ください。このセネガル戦で観客席に飛んできたシュートをヘディングしているのが筆者です(笑)

「筆の者」と書いて「筆者」と書きますが、その文字があまりにも似合わない裸の男が「どうしても日本代表がタイトルを取るところを見たい」と言うことで、日雇いのバイト終わりでアジアカップを観戦するべくUAEに降り立ちました。

初日の様子は前回(「16強芸人」カカロニ菅谷がUAEに潜入取材!塩谷のアル・アインでの知名度を大調査)お伝えしましたが、貧乏旅行を続けてきた筆者にとって大きな楽しみの1つが、現地のサッカーやフットサルに混ざること。

これがまた、国によって特色があって、とても面白いんです。

例えば、ブラジル人は「義務教育です」と言わんとばかりに全員リフティングができ、浮き玉の扱いやトラップの技術も絶品。一対一の状況が生まれると、周りはそこに関与せずに見守り、一対一をじっくり仕掛けられる状況を自然と作り出す独特な雰囲気も大きな特徴でした。

ちなみに、ブラジルのビーチでオーストラリア人と対戦した際には、ロングボールに「190cm超えの大型スリートップ」が大迫力でなだれ込んで来たものの、後ろの選手のキック精度が低すぎて一切頭に合わなかったことも印象的として残っていますね(笑)

また、ロシアでの草サッカーでは「縦に速くボールを入れ、あとはフィジカル勝負」という、ロシアA代表のやり方がコピーされていて、その国のサッカー文化に触れることができました。

「じゃあ、UAEはどうなんだ?」と言うことで、今回も現地人とボールを蹴れる場所を探しまくりました!

やはり、多国籍国家のUAEではどこでフットボールができるのか、そして、どんな特色を持っているのかは、カカロニ菅谷として抑えておきたいポイントですからね。

ということで、まず僕は聞き込み調査がてらに市街地へ…すると、目の前にバスが停まっているじゃないですか!

目的地は「ザイード・スポーツ・シティ」とあり、なにやらボールが蹴れそうな匂いが(笑)

早速、(それがどこかは全然知りませんが)バスに駆け込み、終点まで向かいます。

で、到着したら唖然(笑)これ、プロの施設じゃん!!

天然芝のコートが10面ほどあり、奥にはアジアカップの決勝が行われるスタジアムも。地元民が「遊び」でボールを蹴るような場所じゃないです(笑)

しかしですよ!

奇跡的に、もしかしたら、万が一、「使ってもいいよー」と言われる可能性はありますよね。サッカーだって、シュートを打たないとゴールは奪えませんから。何でもチャレンジすることが大事です。

なので、ダメ元で「ボールを蹴っていいか?」と芝生整備のおじさんに確認したところ、「いいよー」とまさかの返事が!(笑)

「本当に大丈夫なんかい!!」と突っ込みながら、そんなこんなで天然芝のフルコートを独占しちゃいました。

しかし、すぐやめました…。

やっぱり、「どこで蹴るか」じゃなく、「誰と蹴るか」です。

さらなるボールを蹴れる場所と仲間を探しにスポーツシティを出ると、偶然、日本人サポーターの方と遭遇。

「日本代表の練習会場あるけど、いく?」 と声を掛けてくれました。無論、行きました。「フットボール探訪」は中断です。ボールは夜でも蹴れるんですから。

しかし、日本代表の練習は最初の15分以外は全て非公開。それもメディアの方限定で、もちろん、一般サポーターは見ることができません。 

ですが、これで終わっては不完全燃焼です(笑)

「タダでは帰りたくない」と貧乏根性丸出しの僕は、 同じ大型スポーツ施設内で行なっている小学生のサッカースクールに混ざるよう試みます(笑)

菅谷「これは何歳の子供達なの?」
コーチ「12歳以下だよ」
菅谷「僕はサッカーがしたくてできる場所を探してるんだけど…」
コーチ「これはスクールだからダメだよ。きみの年齢は?」
菅谷「12歳だよ!」
コーチ「はっはっはっ(笑)元気でな」

はい、あっさり断られました。

優しい彼は 「日曜に俺たちの試合あるから電話番号を教えてくれよ」 とも言ってくれたのですが、日曜は既に帰国済みということで泣く泣く断念。 

どうやらアフリカ系指導者のチームらしく、めちゃくちゃ面白そうだったのですが、 無理くり現地人とボールを蹴りました。

こちらは、練習終わりのユベントスアカデミーアブダビ校の子達と。

可愛くて楽しかったのですが、これは何か違う…なにか本来の趣旨と違う気がする…。

もっと「現地のフットボール文化」とか「雰囲気を知りたい」のに、これでは僕のタレントとしての好感度がうなぎのぼりになるだけじゃないか!

僕本来の持ち味である、球際の強さと守備戦術の理解度、豊富なスタミナも活きていない!

「サッカーを仕事にしたい芸人」とは思えない、テレビ映えしない地味な武器ではありますが、ひとまず、豊富なスタミナを活かして再び夜の市街地へ戻ることにしました。 

すると、塀の向こうからボール蹴ってるっぽい声が!

鉄の扉を開けて中に入ると、そこでは同世代くらいの男たちがサッカーをしてるじゃないですか!

管理人に僕も混ぜてもらうように頼むと 「いや、これは学校だからダメだよ」との回答。

「じゃあ、この辺でフットボールできる場所はないかい?」と切り返しました。と、「あのビルの裏にあるよ」と教えてもらうことができ、ダッシュで向かいました。

そしたら、そこは、めちゃくちゃアジアカップで使用されてるスタジアムでした(笑)

「いや、そういうことじゃねぇんだよ!!地元民とできるところねぇのかって言ってんだよ!!この国にはちゃんとした施設しかないのかよ!!」 とよくわからない文句を吐きながら、スタジアム脇の道を歩いて行くと、なんとそこにはピッチが(笑)

この展開には、めちゃくちゃびっくりしました。 警備員もいない、立て看板もない、薄暗い脇道を入って行ったらコーナーフラッグ裏くらいの所に出てきたんです。 

「こんな普通に入れていいの?これ、不法侵入とか問われるの?僕、プロのスタジアムでボール蹴れちゃうよ?」と舞い上がりました(笑)しかし、この国の管理体制、マジで緩すぎるよ…。

とはいえ、1人で蹴っても面白くないことは午前中に立証済みなので、一旦スタジアムを出てヤケクソでゴールドジムへ。

だって、ゴールドジムならボール蹴れる場所を知ってる人がなんかいそうじゃないですか。 

菅谷「フットボールができる場所を探してるんだけど」
ジム 「今日はもう終わっちゃったけど、夜8時から蹴れるところがあるよ」

さすがゴールドジム。やはり筋肉は裏切らない。

そして翌日――。

夜にはサッカーが待っているため、旅行者がマストで行く観光名所であるドバイを断念してアブダビを散歩します。

ドリブルしながら歩いていると多くの人が「ボール蹴らせてくれよ」と話しかけてくれます。 

いやいや、こんなところでリフティングしたら危ないよ。そして、ふらふらとたどり着いたペルシャ湾。

海浜公園は美しく、ビーチフットのコートもありました。 

しかし、景色は最高ですが、ここにも肝心な人はおらず…。

ただ、ビーチをドリブルしてる際に知り合ったナイジェリア人のサディークとは最高のロケーションでボールを蹴ることができたので「良し」としましょう。

そして、時計は周り、午後8時に。教えてもらった広場に行ってみました

四方を高い壁で囲まれたソサイチくらいのサイズのコートで、少し荒れた天然芝は少年団の時に「さわやか杯」で使った荒川河川敷のようですが、ナイターも明るくて申し分ないです。 

中には既に沢山の人達が。ということで、僕もボールを持って入ろうとしたところ「ストップ」がかかりました。

「サッカーをしに来たのかい?今日はクリケットの日だよ」

なんと今日はクリケットの日でした…。 

2日間かけて探し歩いてみましたが、「UAEでの飛び込みサッカー」を実現することはなかなか難しそうです。 

現地在住の日本人に聞いてみたりもしましたが、そのようは場所は知らないようでした。 

いろいろ国籍の人がいるからきっとサッカーができたら楽しいと思うのですが、この旅ではそういったチャンスに巡り会えず。 

潜入調査は残念な結果でしたが、また次にこの国に来た時にはボールを蹴れますように。

文:カカロニ菅谷