長崎県中学駅伝新人合同記録会 男子 西諫早が優勝 女子 桜が原2連覇

© 株式会社長崎新聞社

 県中学駅伝新人合同記録会は3日、諫早市のトランスコスモススタジアム長崎を発着点とする県立総合運動公園周回コース(男子5区間16キロ、女子4区間8キロ)に男子35(オープン参加5含む)、女子27チーム(オープン参加3含む)が出場して行われ、男子は西諫早が54分11秒で優勝し、女子は桜が原が28分15秒で2連覇を飾った。
 男子の西諫早は1区松村が4位スタート。2区東本が順位を一つ上げ、3区澤勢で首位に浮上した。4区で3位に順位を落としたものの、アンカー後田で再び逆転した。2位は昨秋の県中学駅伝を制した西大村、3位は南有馬だった。
 女子の桜が原は1区蔦野が区間賞で発進。2区楠、3区田中も粘り、2位集団の7位で最終4区につないだ。ここからアンカー花尾が6人をかわす力走を見せてトップゴール。2位は明峰、3位は西諫早が入った。

男子第2中継所。西諫早の2区東本(左)からたすきを受け、勢いよく走りだす3区澤勢=県立総合運動公園周回コース
Vサインでゴールに飛び込む桜が原女子のアンカー花尾=トランスコスモススタジアム長崎