JR東、非常時の駅画像を警察へ

監視システム導入、カメラ増設も

© 一般社団法人共同通信社

 JR東日本は5日、2020年東京五輪・パラリンピックを見据え、防犯カメラを活用したテロ事件への対応強化策を発表した。カメラの設置を拡大し、五輪が開幕する20年7月に、約1200駅のホームや改札で約2万2千台とする。新幹線、在来線の約110の主要駅にある約5500台はネットワーク化され、非常事態発生時には、画像を警察に伝送するシステムを導入する。

 JR東によると、列車や車両基地、変電所などを含め、新設する専門部署「セキュリティセンター」で24時間態勢の集中監視に当たる。センターの業務は、警備大手、セントラル警備保障(東京)に委託し、警備員が常駐する。