IR 2024年開業目指す 長崎県、準備進める

© 株式会社長崎新聞社

 長崎県は7日、佐世保市のハウステンボスへの誘致を目指すカジノを含む統合型リゾート施設(IR)について、2024年開業を目指し国に区域認定されるよう準備を進める考えを明らかにした。IR誘致が有力視されている大阪府・大阪市と同じ開業目標時期という。
 県議会総務委員会で小林克敏委員(自民・県民会議)に、西村一宏IR推進室長が答えた。
 IR整備法は第1弾の整備区域を最大3カ所とし、政府は2020年代半ばの開業を目指している。国土交通省は今夏に区域認定の基準を定めた基本方針を示す見込み。
 IR推進室によると、北米やヨーロッパ、アジアなど海外のIR事業者ら20社と意見交換しており、有識者の意見を踏まえ20年度までにIRを運営する1社を選ぶ考え。
 県・佐世保市IR推進協議会はIR事業者の建設投資費を2千億円前後とみていたが、西村室長は20社の中には4千億円程度の投資意欲がある業者もいることを説明。「雇用創出効果や経済波及効果も上振れする可能性がある」とみている。業者の投資規模やクリーンさ、地域貢献の度合いなどを考慮し、選定手続きを進める考え。
 同室によると、IRを構成する国際会議場と展示施設の規模について、同法施行令案と照らし▽国際会議場全体の収容人員がおおむね6千人以上1万2千人未満、展示施設の床面積が6万平方メートル以上▽国際会議場全体の収容人員がおおむね1万2千人以上、展示施設の床面積が2万平方メートル以上-のどちらかになる可能性があるという。