TOYO Press、記事配信など本格始動

東洋大学メディア研究会、「大学発メディア」の新世代を開拓へ(プレスリリース)

© TOYO Press

 東洋大学公認サークルの東洋大学メディア研究会(白山キャンパス2部公認サークル)は、「大学のいま」を学生ならではの視点から独自に発信するポータルサイト『TOYO Press』( https://toyo.press )の提供を、国際ファクトチェックデーの4月2日(火)より本格開始いたしました。

詳細

提供開始日:2019年4月2日(火)
サイトURL: https://toyo.press 
Twitter:@toyo_press

『TOYO Press』立ち上げの経緯

 東洋大学にはかつて、『東洋大学新聞』という学内新聞が存在しました。学内外の出来事を伝える大切な役割を果たしていましたが、時代の移り変わりとともに「紙の新聞」の需要は低くなり、およそ20年前に廃刊。発行元の東洋大学新聞学会も現存しません。

 現在、学内には複数のメディア系サークルが存在しているものの、学内の出来事を全般的に扱う学生主体のメディア媒体はありません。1キャンパスだけで3万人近い在籍者数を抱える規模の大学であるからこそ、情報の扱い方を考える必要があります。

 「いま、大学で何が起きているのか」
 学内情報の共有が重要である一方で、学外へ、世間一般へ目を向けるための材料が求められています。信憑性を担保できる情報を伝えるメディアが必要である、そう感じた有志が集まり、2018年12月に「TOYO Press準備会」としてTOYO Pressを立ち上げました。2019年1月からは、大学公認サークル「東洋大学メディア研究会」が発足し、運用しています。

『TOYO Press』概要

 TOYO Pressは、学内外を問わず、様々な情報発信をしてまいります。
学内でのイベント等情報、部・サークル活動の紹介のほか、学生や教授による連載コラムを掲載。今後は「ファクトチェック」等を含む検証記事などを発信するほか、運営元の「メディア研究会」ならではのコンテンツも提供します。

 配信面では、ノアドット株式会社の配信プラットフォームを活用し、「this.kiji.is」ドメインにて記事配信を行います。また、学生目線のキュレーターとして、他メディアの記事を学生に届ける同社の「キュレーション」機能を活用してまいります。同社のコンセプトについてはこちらを御覧ください。

 東洋大学関係者をはじめ、大学に関心のある方、リリース情報をご提供いただける方は、積極的にご活用ください。

記事一例

調査・検証記事

特集

イベント情報

連載

メディア研究(独自取材)

速報(Twitterでの元号速報はメディア最速)

【本件に関するお問い合わせ先】

東洋大学メディア研究会 TOYO Press編集部
常設の部署がございませんので、お手数ですが以下のメールフォームからお問い合わせいただきますようお願い致します。