ムロツヨシが主演の不在を謝罪!?「二つの祖国」小栗旬は中継で会見に参加

© 株式会社東京ニュース通信社

テレビ東京系で、3月23、24日の2夜連続で放送される開局55周年特別企画ドラマスペシャル「二つの祖国」の記者会見が行われ、ムロツヨシ、多部未華子、高良健吾、新田真剣佑、松重豊が出席した。

同作は山崎豊子著「二つの祖国」を民放で初めて映像化するもので、第2次世界大戦前後の日本とアメリカを舞台に、ロサンゼルスの日本語新聞社の記者・天羽賢治(小栗旬)と、アメリカでの成功を夢見て日本人であることをを捨て去ろうとするチャーリー田宮(ムロ)、そしてその家族、兄弟、恋人ら日系2世の人々が、国家と戦争に翻弄(ほんろう)されていく姿をシリアスに描き出すヒューマンドラマ。

会見当日、主演の小栗はオーストラリアでの撮影のために欠席とのことで、ムロは開口一番、「本来であれば主演が一番にコメントするところを、自分が最初にしゃべるとは思いませんでした。小栗旬の不在、申し訳ありません!」と笑いを交じえながら謝罪。また、今回のドラマ出演について「(小栗から)いきなり電話が来て出てほしい作品があるというので会ってみたら、『1回ドラマ化されている作品(NHK大河ドラマ「山河燃ゆ」)なんだけど、ムロさんの役は沢田研二さんがやったんだよ』と熱く語られまして。僕のどこに沢田さんの要素があるのかと」というやりとりがあったことを告白し、「でも、その熱い思いにほだされたというか、15年来の友人が一緒にやりたいと言ってくれてるのはうれしいなと思いまして」と快諾したことを明かした。

天羽家の三男でアメリカ軍への志願を決意する天羽勇役の新田は「今回、僕が一番アメリカンな位置にいると思うのですが、戦争に行った経験はないので想像でしかないところをできるだけ近づけるように頑張りました」とコメント。また、日本の大学に在籍中に日本とアメリカが開戦し、日本軍に徴兵されてしまう天羽家の次男・天羽忠役の高良は「自分の生まれ育った国だとか、自分のルーツだとか、そういうものを考えるきっかけになるドラマになるんじゃないかなと思います。忠は天羽家の中で1人、日本に渡ってそこで他の家族とは違う葛藤をすることになるんですが、当時日本にいた日系の人間を丁寧に演じなきゃいけないなと思いました」と、それぞれに役と真摯(しんし)に向き合う姿勢をうかがわせた。

そして、賢治ら兄弟の父親で、ロサンゼルスのリトルトーキョーで洗濯屋を経営する天羽乙七役の松重は、「役者の仕事というのは人物の追体験をするものなのですが、この時代に異国に渡った日本人、そしてその子どもたちが別々の旗の下で兵士として戦わなければならなくなるということは、自分に置き換えて考えてもつらすぎます」と戦争が引き起こす悲劇を改めて実感したことを語った。そんな中、「僕が一番疲れている時に、真剣佑くんがタピオカミルクティーを差し入れしてくれたんですけど、それがものすごくおいしくて。それ以来タピオカのお店に行列ができてると僕も並ぶようになりました」と撮影の合間のホッとするエピソードも披露した。

賢治の同僚で、賢治の妻・エミー(仲里依紗)とは学生時代からの友人という井本梛子役の多部未華子が、「梛子は登場人物の中で一番日本人寄りというか、そういう教育を受けてきた人で、英語を話すシーンも小栗さんやムロさんより少なかったんですが、控室では結構練習してました」と話すと、ムロが「多部ちゃんとの口げんかをするシーンで、最初のうちは日本語で途中から英語になるんですね。『おまえ本気か?』ってセリフがそこから英語になるんですけど、英語では『Are you serious?』なんです。これが発音がおかしいのか、多部ちゃんはめちゃくちゃ笑うんです」と暴露。新田も「多部さん、ずっと笑ってましたよね」と言うほどツボに入ったようだ。

また、この会見の途中にオーストラリアの小栗と映像回線がつながり、あいさつをするという一幕も。小栗は会見に出席できなかったことを詫び、「いろんな世代の方に『自分はこう思う』というような意見を交わしながら話ができるような内容になっていると思います。ぜひ多くの方々にご覧いただきたいです!」とアピールした。

そして、こうした豪華俳優陣に加え、ナレーターを阿川佐和子が担当することが新たに発表となった。また、ムロが演じるチャーリーが婚約者である小松原玲子の両親の前でハーモニカを披露するという重要なシーンで、婚約者の父・小松原彌之助役を映画監督の福田雄一が、その妻役を同じく映画監督の蜷川実花が務めることも併せて明かされた。この2人の出演はムロには事前に知らせないサプライズとして進められ、実際にムロがかなりの動揺を見せたというシーンにも注目だ。