3輪バイクの小型モデルが登場! カンナムライカー 日本初披露

©株式会社MOTA

BRP カンナムライカー・マドモアゼル ユリアさん・安床 武士氏

3輪モーターサイクル「カンナムライカー」日本初披露

2019年3月29日、東京都・港区にてBRPジャパンが手掛ける3輪モーターサイクル「カンナムライカー」の発表会イベントが行われた。カンナムライカーは同日より発売開始、価格は135万9000円~176万4000円(消費税込み)。

カンナムライカーは、「思いのままに、乗りこなせ」をコンセプトに、手軽さ、楽しさ、カスタマイズ性の3要素を重視している。また2013年に発売された大型モデル「カンナムスパイダー」と比べて今回は小型モデルとなっており、新たに600cc 2気筒エンジン搭載のモデルも追加された。

なお本イベントには、BRPジャパン 代表取締役 大貫陽介氏、BRP本社 シニアバイスプレジデント ジョゼー・ペロー氏、デザイン&イノベーション ディレクター クリストファー・ルードウォール氏、DJ・モデル マドモアゼル ユリア氏、プロインラインスケーター 安床 武士氏が登壇した。

カンナムライカーのココが凄い!

とにかく手軽!ギアチェンジ操作は不要

カンナムライカー一つ目の特徴は何と言っても商品そのものの“手軽さ”にある。

フロントに2輪、リアに1輪というBRP独自の「Yアーキテクチャー」によって抜群の安定感を実現しているうえ、普通免許(AT)があれば誰でも運転が可能だ。

BRP「カンナムライカー」
BRP「カンナムライカー」

またメンテナンスフリーのドライブシャフトを採用していることで、チェーンやベルトの交換が不要になっている。さらにトランスミッションは、CVTのためギアチェンジ操作は不要。乗り物自体の運転経験があまりない方や、女性の方でも簡単に運転できるようになっている。

さらに価格も135万9000円(600ccモデル)からのラインナップと、比較的リーズナブルな価格に設定。まさに“手軽さ”を実現したモデルとなっている。

軽量化が生んだ加速力を楽しめる

BRP「カンナムライカー」

二つ目の特徴は、そのルックスから容易に想像できるであろう“楽しさ”。

カンナムライカーは、2015年に登場した同社の大型3輪モーターサイクルのスポーツモデル「カンナムスパイダー F3」の408kgに比べて、270~285kgと大幅に軽量化されたことによって、より優れた加速力を実現した。

またシートポジションを下げた低重心構造によりコーナリング性能も向上しているほか、3輪ということもあり転倒の心配をせず思い切りコーナリングを楽しめるのだ。

さらにオフロード走行に対応したラリーエディションも追加されたため、より3輪モーターサイクルを趣味として楽しめる幅が広げられた。

7万5000通り以上のカスタマイズ幅

BRP「カンナムライカー」

三つめは“カスタマイズ性”。趣味性が高い3輪モーターサイクルだけあって7万5000通り以上のカスタムパーツがラインナップされている。

パネルやホイールアクセント、フードのカスタムパーツ、さらにはフットペグやハンドルバーの位置調整まで工具不要で取り付け可能となっており、誰でも“手軽”にカスタマイズできるのも魅力的だ。

またデザイン面のカスタムパーツだけでなく、2人乗りのシートや積載容量を増やすための実用性のあるパーツまでラインナップされているため、セカンドカー・サードカーとしても十分に力を発揮できるようになっている。

ラインナップは主に3つ、“ガチ勢”が楽しめるモデルも!?

BRP「カンナムライカー」

ラインナップ1つ目は、手軽に運転を楽しめる「カンナムライカー 600」。搭載するのはRotax 600cc 並列2気筒エンジンで最高出力35kW(47ps)/7300rpm、最大トルク47Nm/6200rpmを発揮する。

2つ目は、よりパワフルな運転を楽しめる「カンナムライカー 900」。搭載するのはRotax 900cc 並列3気筒エンジンで最高出力57.5kW(77hp)/7100、最大トルク76Nm/6300を発揮する。

そして3つ目は、オフロード走行が可能な「カンナムライカー ラリーエディション」だ。搭載するのはRotax 900cc 並列3気筒エンジンで最高出力57.5kW(77hp)/7100、最大トルク76Nm/6300を発揮する。

世界で活躍するゲストたちもカンナムライカーに興奮

BRP「カンナムライカー」発表会 ゲスト DJ・モデル等で活躍するマドモアゼル ユリアさんとアグレッシブインラインスケート・ハーフパイプ種目の現役世界チャンピオンの安床 武士氏

会場ではゲストのDJ・モデル マドモアゼル ユリア氏、プロインラインスケーター 安床 武士氏によるトークショーが催された。トークショーでは実際に試乗した時の感想や、今後カンナムライカーに期待したい点などが語られた。

マドモアゼル ユリア氏のコメント

BRP「カンナムライカー」発表会 ゲスト DJ・モデル等で活躍するマドモアゼル ユリアさん

初めてカンナムライカーを見た時は、マンガや映画に出てきそうなフォルムをしているなと思いました。元々クルマの免許を持っていませんでしたが、カンナムライカーに乗りたいがためにクルマの免許を取得しました(笑)。

実際に乗ってみると、乗り物を操作しているというより自分で動いていると思えるほど自然な感覚で運転できました。カンナムライカーは街中で乗っていると注目が集まるので、自分もカッコいい格好をして乗りたいなと思わせてくれますし、クルマの免許で乗れるというのも魅力的です。

安床 武士氏のコメント

BRP「カンナムライカー」発表会 ゲスト アグレッシブインラインスケート・ハーフパイプ種目の現役世界チャンピオンの安床 武士氏

最初に見たときは、単純にカッコいい!乗りたい! と思いました。実際に乗ってみると、3輪ということもありコーナリングがとても安定している。それでいて軽快なので自分の思い通りに走れました。

長年2輪に乗っていましたが、立場上ケガをできないので乗らなくなりました。ですがカンナムライカーは3輪で転倒しないという安心感があり、妻も大賛成してくれています。カンナムライカーは街中での注目度も高いですし、走っていて気持ちが良いので普段の移動用として使っていきたいです。

BRPについて

BRP カンナムライカー・BRP関係者ら

BRP社は、3輪モーターサイクル「カンナムスパイダー」を始め、パーソナルウォータークラフト「シードゥー」、スノーモービル「スキードゥー」など、本格的なレクリエーション分野の製品を開発・製造・販売するカナダの企業。

航空機や鉄道車両の分野でも知られるボンバルディア社の歴史は、1942年に世界で初めてスノーモービルを発表した頃から始まった。その後、パーソナルウォータークラフト(水上バイク)や ATV(全地形対応車)などと分野を広げ、2003年にレクリエーションに特化した製品を手がけるBRP 社が独立。

現在はカナダのケベック州ヴァルクールに本社を置き、カナダ、メキシコ、オーストリア、米国、フィンランドに生産施設を構え、全世界で8,700人以上の人材を雇用している。

マドモアゼル ユリアさん プロフィール

DJ・モデルのマドモアゼル ユリアさん

10代からDJとして活動を始め、現在はDJをはじめ、シンガー、ディレクター、モデル、コラム執筆やアワードの審査員等多岐に渡る。拠点は東京に置いているものの、活動範囲は全世界に及び、フランス・パリを始めとする世界でのファッションウィーク、著名ブランドでのDJやライブ等でも活動。

これまでに3枚のMIX CDと2枚のオリジナルアルバムをユニバーサルミュージックより発表。

シャネルやステラマッカートニー、グッチ、H&M; のグローバルキャンペーンにも起用され、2015年にはBoF500に選出される。2016 S/Sからはファッションブランド“GROWING PAINS”のディレクターを務める。ディレクターとしてはブランドや企業へのデザイン提供もしている。また、現在BSジャパンで放送中のファッション通信ではアンバサダーを務めている。

安床 武士氏 プロフィール

プロインラインスケーター 安床 武士氏

アグレッシブインラインスケート・ハーフパイプ種目の現役世界チャンピオン。アクションスポーツ最高峰の大会“X GAMES”で、3度のシルバー、2度のゴールドメダル。世界ランキングでも4度のチャンピオンに輝いた。

世界で20人しか出場できないX GAMESに11歳で出場、ギネス記録にも認定。大会以外にも、音楽とスケートのミックアップイベント“ROLL IN ROCK”主催、ハーフパイプショー、スクールなども行い、インラインスケートのハーフパイプを広める為に活動中。得意技は、ダブルバイキング フリップ、ハイエアーなど。

[筆者:オートックワン編集部/撮影:和田 清志・BRPジャパン]