26歳定年制導入の昨年はNPBドラフトに6人指名 13年目を迎えたBCリーグ

©株式会社Creative2

13年目のシーズンを迎えるBCリーグは2地区11球団体制に

2地区11球団体制に、日本で2番目の独立リーグが歩んできた道のり

 2007年に始まった日本で2番目のプロ野球独立リーグ「BC(ベースボール・チャレンジング)リーグ」は今年、13年目のシーズンを迎える。

 2004年の球界再編の際に、新球団設立に名乗りを上げた新潟県の事業家が、2006年運営会社の株式会社ジャパン・ベースボール・マーケティングを設立。社長の村山哲二氏が現在まで経営を続けている。四国アイランドリーグを立ち上げた石毛宏典氏も参画し、2007年からペナントレースがスタートした。

 設立当時は、新潟アルビレックス、富山サンダーバーズ、信濃グランセローズ、石川ミリオンスターズの4球団。以後、エクスパンションによって、現在は2地区、11球団体制になっている。

 2019年ルートインBCリーグ(/は設立年)

○東地区 6球団 

新潟アルビレックス・ベースボール・クラブ/2007年
群馬ダイヤモンドペガサス/2008年
福島レッドホープス/2015年
埼玉武蔵ヒートベアーズ/2015年
栃木ゴールデンブレーブス/2017年
茨城アストロプラネッツ/2019年

○西地区 5球団

石川ミリオンスターズ/2007年
富山GRNサンダーバーズ/2007年
信濃グランセローズ/2007年
福井ミラクルエレファンツ/2008年
滋賀ユナイテッドベースボールクラブ/2017年

 今季、茨城アストロプラネッツが新規に参加。本来、プロ野球チームは偶数のほうが望ましいとされる。奇数では試合のないチームができるからだ。しかしルートインBCリーグは、巨人3軍と交流戦を行い、これも公式戦に組み入れているので、大きな問題はないと判断された。

 茨城は2018年に準加盟し、1年の準備期間を経て今季から参加。この11球団以外に静岡球団が2019年から準加盟球団になり、2020年からのリーグ戦参加を目指している。

昨季から26歳定年制を導入、極端な打高投低もNPBドラフトで過去最多タイ6人指名

 ルートインBCリーグは、四国アイランドリーグplusとは、設立当初から協力関係にあり、交流戦や日本独立リーグ・グランドチャンピオンシップなどを行っている。また両リーグは2014年に日本独立リーグ野球機構を設立した。

 11球団の運営体制はさまざまだ。老舗球団の一つ、新潟は昨年、売り上げが2億円を超えた。新潟県下での知名度も高く、池田拓史社長はNPBのエクスパンションがあれば参加を検討したいと語る。

 栃木ゴールデンブレーブスは、2017年の参加だが2018年はリーグ最多の5万491人を動員。元巨人の村田修一の参戦で大人気となった。母体は人材関連企業のエイジェックグループ。球団をスポーツ関連事業の一角ととらえている。2018年には栃木県小山市に小山ベースボールビレッジを開設した。今季も元阪神の西岡剛が入団。話題となっている。

 新規加入する茨城アストロプラネッツは、茨城県内で福祉・農業・飲食・印刷・クリエイティブ・清掃の6つの事業を展開する企業グループが設立。社長の山根将大氏は31歳という若さ。この球団も独立リーグをグループ事業の一環ととらえている。

 こうした球団がある一方で、経営的に苦しい球団もあり、リーグ運営は多難だ。

 昨年、ルートインBCリーグは、選手の26歳定年制を導入。オーバーエイジ枠はあるものの、リーグは一気に若返った。特に投手は若年化が進んだために、極端な打高投低となった。しかし、NPBのドラフト会議では過去最多タイの6人が指名された。

 4月6日から前後期70試合のペナントレースが始まる。今や、独立リーグは地域の野球のすそ野を担っている。NPBへの人材輩出、地域活性化、野球の普及など、多方面での貢献に期待したい。(広尾晃 / Koh Hiroo)