【MLB】田中将大、6回5失点で4敗目 初回3ラン被弾に「完全に投げミス、かなり厳しかった」

©株式会社Creative2

本拠地でのパドレス戦に先発登板したヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】

初回は味方のエラーも絡み4失点、毎回走者を背負い苦しい投球に

■パドレス 5-4 ヤンキース(日本時間29日・ニューヨーク)

 ヤンキースの田中将大投手は28日(日本時間29日)、本拠地でのパドレス戦に先発。6回9安打7奪三振、5失点で4敗目を喫した。試合後は初回に浴びた3ランを振り返り「かなり厳しかったですね今日は」と語った。地元TV局「YESネットワーク」が伝えている。

 立ち上がりが全てだった。初回、先頭のガルシアを平凡のゴロに仕留めたが三塁手ルメイヒューが失策。続くレイエスに右前打を浴び無死一、二塁のピンチを招くとマチャドに左前適時打を浴び1失点。さらにホズマーにはスプリットを完璧に捉えられバックスクリーンへ3ランを浴び、この回4失点。

 その後は粘り強い投球を見せ、5回まで毎回走者を背負いながら要所を締め無失点ピッチング。だが6回は1死から連打を浴び一、三塁のピンチを背負うとガルシアにセーフティースクイズを決められ5点目を失いこの回でマウンドを降りた。

 地元TV局「YESネットワーク」ツイッターは試合後のインタビューを公開。初回に3ランを浴びたスプリットの精度を問われた田中は「かなり厳しかったですね今日は。その中でも数字はよくなかったですが、自分にとってはアンラッキーな部分もあったし我慢強くゲーム投げることができた」と振り返った。

 スプリットは田中の生命線と言えるが、今後の修正点については「繰り返し、いつもと一緒。メカニック、タイミングを少しづつ変えていければよくなってくる」と語っていた。(Full-Count編集部)