ボッタス3番手「わずかながらパワーが向上し、心強い」。トラブルは新パワーユニット導入とは無関係:メルセデス F1カナダGP金曜

 2019年F1カナダGPの金曜、メルセデスのバルテリ・ボッタスはフリー走行1=2番手/2=3番手だった。

 ボッタスはFP1で25周を走行し、1分12秒914のタイムをマーク。セッション終盤に燃料システムのトラブルに見舞われ、多少走行時間を失ったものの、FP2では無事にコースに復帰した。チームはこの問題は新パワーユニット導入とは無関係であると述べている。

 今回メルセデスは今シーズン初のパワーユニットのアップグレードを行い、ボッタスとルイス・ハミルトンのマシンに2基目のICE(エンジン)、ターボチャージャー、MGU-Hを投入している。なお、ワークスチームと同様に、カスタマーであるウイリアムズとレーシングポイントも上記エレメントを交換した。

 FP2でボッタスは46周を走行、1分12秒311の自己ベストタイムを出した。

■メルセデス-AMG・ペトロナス・モータースポーツ
バルテリ・ボッタス フリー走行1=2番手/2=3番手
 今日はすごくエンジョイできた。走っていて楽しかったよ。このトラックは最初はいつもすごく汚れていて、その後改善してくるので、少しずつグリップを見つけていく必要がある。そういう面でもこのサーキットが好きなんだ。コースインするたびに毎回違っているし、常に何かを発見し、それを感じ取り、学習していかなければならないんだ。

 僕らのマシンは強力だと思うけど、バランスはもう少し向上させる必要がある。FP2でセットアップを変更したら、走りづらくなった。その一方で、少し速くなったとも感じるんだけどね。FP2でもっとうまくやれる部分はあったのか、明日に向けて何をしていくべきなのか、再確認していくよ。

 新しいエンジンが導入されたのはいいことだ。わずかだけれどパワーが上がっているからね。それほど大きな差ではないが、違いを感じ取ることはできるし、すごくいいフィーリングだった。

 僕らのマシンはロングランでもショートランでも優れていると思うけど、フェラーリはストレートでものすごく速かったから、明日はかなりの接戦になると予想している。でもこのトラックが好きだし、自信もあるから、予選が楽しみだよ。

© 株式会社サンズ