F1 Topic:写真で振り返る『レッドブル・ホンダ優勝 歴史的1日プレイバック』

©株式会社サンズ

 2019年F1第9戦オーストリアGPにおいて、優勝を飾ったレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン。今シーズン初優勝を挙げたレッドブルとフェルスタッペンだが、同時にこの勝利はホンダF1にとっての13年ぶりの勝利でもあった。歴史的な1日となった6月30日(日)の決勝レースを、写真で振り返る。

──────────

▼13:47
ドライバーズパレード終了

ドライバーズパレードを終えたマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)

 ドライバーズパレードを終えて、フェルスタッペンがモーターホームに帰ってくる。この直前に、このモーターホームでホンダとレッドブルの首脳陣がランチを兼ねたミーティングを実施。ディートリッヒ・マテシッツ(レッドブルの創業者)から、ホンダ側に「今年のホンダは信頼性とパワーに関して、すごく努力している。ありがとう。ホンダとタッグを組めて良かった」と感謝の言葉が贈られる。

▼14:38
スターティンググリッドへ

マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)

 この日のレッドブルリンクは週末で最も暑く、トップチームはグリッド上にテントを持ち込んでいた

▼14:42
ホンダ・エンジニア、データ確認

ホンダF1田辺豊治テクニカルディレクター

 フェルスタッペン担当のPUエンジニアに確認に行く田辺豊治F1テクニカルディレクター

▼14:43
レッドブルのメカニックがパラソルを貸し出す

レッドブル・ホンダ

 テントの外で仕事していたホンダのエンジニアにレッドブルのメカニックがパラソルを貸し出す

▼14:48
ホーナー「優勝の確率はフィフティ、フィフティ」

レッドブル・ホンダのクリスチャン・ホーナー代表(右)、ヘルムート・マルコ博士(左)

 グリッド上で筆者がクリスチャン・ホーナー(チーム代表)に「今日、優勝する可能性は?」と尋ねると、「フィフティ、フィフティ」と緊張した表情で答える

▼14:57
国家斉唱終了

マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)

 国家斉唱が終了してフェルスタッペンがグリッドへ帰ってくる。担当レースエンジニアのジャンピエロ・ランビアセと最後の確認作業を行う。

▼15:13
スタート

2019年F1第9戦オーストリアGP

 スタートで失速し、大きく出遅れるフェルスタッペン。

▼Lap50
ベッテルをオーバーテイクして3番手へ

マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)

 この直後、センサーが故障して一瞬パワーをロスしたため、設定をデフォルトにして、再び先頭集団を追う

▼Lap56
ボッタスを抜いて2番手へ

マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)、バルテリ・ボッタス(メルセデス)

 エンジンがオーバーヒート気味でリフト・アンド・コーストしていたバルテリ・ボッタス(メルセデス)を一発でオーバーテイク

▼Lap69
ルクレールを抜いて、ついにトップへ

マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)、シャルル・ルクレール(フェラーリ)

「エンジンモード11」というパフォーマンスを重視した設定で、トップに立ったフェルスタッペン。ヘルムート・マルコ(レッドブルのモータースポーツアドバイザー)によれば、「そのモードは最後の30周ぐらいから使っていた」という。

▼チェッカーフラッグ
ホンダ、13年ぶりの優勝

マックス・フェルスタッペン(レッドブル)

 シャルル・ルクレール(フェラーリ)とのバトルが審議下のなか、トップでチェッカーフラッグを受けるフェルスタッペン。

▼表彰式
田辺豊治F1テクニカルディレクターが表彰台へ

マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)、ホンダF1田辺豊治テクニカルディレクター

 フェルスタッペンとシャンパンをかけ合う田辺テクニカルディレクター。

▼17:04
ホンダ・コールの大合唱

ホンダF1田辺豊治テクニカルディレクター
ホンダF1田辺豊治テクニカルディレクター

 表彰式後、ホームストレートになだれ込んできたオランダ人ファンから、「ホンダ、ホンダ、ホンダ」の大合唱。その声援に感謝するかのように、表彰式を終えて帰ってきた田辺テクニカルディレクターがシャンパンボトルを掲げる。

▼18:22
スチュワード審議中

審議中のフェルスタッペンとルクレールを待つメディア

 接触に関してスチュワードに召喚され、審議を受けるフェルスタッペンとルクレールをコントロールタワーの出口で待つメディア。

▼18:33
召喚終了

審議を終えたマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
審議を終えたマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)

 スチュワードへの召喚を終え、ルクレールに続いてコントロールタワーから出てくるフェルスタッペン。メディアに対しては一切コメントせず

▼19:48
優勝決定

ホンダF1山本雅史マネージングディレクター(左)、田辺豊治テクニカルディレクター

 田辺テクニカルディレクターの囲み会見中に、ホンダの広報から「審議の結果、レーシングインシデントとしておとがめなし」との報告が。あらためて山本雅史マネージングディレクターと田辺テクニカルディレクターが握手。

▼19:55
取材に応じる

マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)

 正式に優勝が決定して、メディアの取材に応じるフェルスタッペン。