【プレミアリーグ】34歳サバレタが新シーズンいっぱいで退団を表明… 「プレミアを去るのは寂しけど」

ウェストハムの元アルゼンチン代表DFパブロ・サバレタが、来シーズン終了後にクラブを退団すると発表した。

【リタイア】38歳クラウチが現役引退を表明…プレミアリーグ通算468試合に出場

ベテラン右サイドバックはマンチェスター・シティで9年間過ごし2つのプレミアリーグタイトルを獲得した後、2017年7月にウェストハムに移籍。5月に1年間の契約延長を果たした34歳サバレタは、引退こそ名言を避けたものの現行の契約でチームを去る決断をしたようだ。プレシーズンで訪れた中国で心境を語っている。

【プレミアリーグ】ウェストハムがマキシ・ゴメスに関心 65億円のビッグオファーを提示

「僕がここにいるのは、まだサッカーをしたいからだ。そしてもちろん、とてもよく知っている監督と仕事しているからさ。僕の経験を活かして100%チームに貢献したい。僕はもう34歳だ。もう少し歳を重ねればキャリアが終わるだろう。今はチームにいることを楽しんで、若手選手の手助けができればと思う。僕にとって、来季が最後のプレミアでのシーズンとなるだろう。長い時間を過ごしてきたリーグだから、去るのは寂しいけどね」。

サバレタが来季いっぱいでウェストハム退団を表明

© 株式会社 LIVE SPORTS MEDIA