SixTONES・森本慎太郎が誕生日に贈られた“森本Tシャツ”に大笑い

© 株式会社東京ニュース通信社

フジテレビ系の連続ドラマ「監察医 朝顔」(月曜午後9:00)に出演中の森本慎太郎(SixTONES/ジャニーズJr.)が、7月15日に22歳の誕生日を迎え、撮影現場でサプライズの祝福が行われた。

同作は上野樹里主演で、法医学者と刑事という異色の父娘を描く物語。森本は、万木朝顔(上野樹里)たちが勤める法医学教室が管轄している野毛山署の強行犯係に勤め、朝顔の父・平(時任三郎)や、朝顔の恋人であり新米刑事の桑原真也(風間俊介)と同僚である刑事・森本琢磨を演じている。7月15日に行われた撮影は、平や桑原、強行犯係係長の山倉伸彦(戸次重幸)、新米刑事の愛川江梨花(坂ノ上茜)ら強行犯係に所属する刑事たちが一堂に会し、とある事件の捜査会議を行うシーン。

演出の平野眞氏とキャストが撮影前のリハーサルを行った後、「本日は森本慎太郎さんの誕生日です!」というスタッフの掛け声とともに、バースデーケーキが登場。風間の誕生日の際にはドーナツプレートを、中尾明慶の誕生日の際には焼きそばプレートを用意したスタッフが、今回はカツサンドを積み重ねた“カツプレート”を用意。さらにスタッフから、白地に大きく“森本”と印字されたTシャツがプレゼントされた。Tシャツにジャケットを羽織るスタイルが多い森本刑事にちなんだプレゼントで、これには森本も大笑い。森本は「22歳になりました。強行犯係では一番年下です。この現場で鍛えていただければと思います。今日は本当にありがとうございます!」と感謝の言葉を寄せた。

また、7月22日放送回では若手俳優の三船海斗が“月9”初出演を果たす。三船は物語のキーマンになる役どころで「撮影期間は短かったですが、非常に濃いお芝居ができました。全力疾走したり、暴れまわったり、体力的にも精神的にもきつかったです。セリフが少ない役だったので、表情での芝居が多く、目や体などで表現する難しさを改めて痛感しました。この役を演じられたことは、自分にとって大きな経験になった」と話している。