宝田明、加藤登紀子が語る帰還者の過酷な体験。戦後復興の立役者たちの思いとは

© 株式会社東京ニュース通信社

BSテレ東では、8月9日に「武田鉄矢の昭和は輝いていた 満州からの帰還者たちの想い~戦後復興の立役者~2時間スペシャル」(午後7:00)を放送。実際の帰還者である俳優の宝田明と歌手の加藤登紀子をゲストに招き、戦後日本への帰還後にさまざまな分野で日本文化の発展に貢献して来た人々にスポットを当てる。

終戦までのおよそ10年間を満州で過ごしたという宝田が、裕福な生活から一転、悲惨な強制労働、生死をさまよう壮絶な出来事を告白。そして、帰還直後の忘れられない思い出、帰る途中に立ち寄った大阪でもらった柿の味、生き別れた兄との奇跡の再会秘話など、当時の貴重な映像とともに過酷な体験談の数々を語る。

また、壮絶な帰還体験から誕生した作詩家・なかにし礼の名曲「恋のハレルヤ」「人形の家」誕生秘話なども紹介。番組ではさまざまな帰還者たちを紹介しながら、決して忘れてはいけない、戦後復興の立役者たちの思いを伝える。

宝田は「どの場面をとっても自分にとっては忘れられないひとコマ。戦争後の外地における人たちみんなの苦しみ、引き揚げてくるまでの苦しみ、それぞれが大変な思いをして帰ってらっしゃる」と振り返り、「その中でも心の中にはやっぱり歌を持って、くじけそうになりながら、自分を奮い立たせながら、野を超え山超え歯を食いしばって生きてきた少年時代というのは、忘れることはできません」と強く訴えた。加藤は「宝田明さんの経験はものすごくひとつずつがびっくりするような、またそれが一つの映画のシーンを見るように鮮やかに表現されていました」と話している。