田中みな実が深田恭子と対決!! パンチラ武器に男を誘惑する女泥棒役

© 株式会社東京ニュース通信社

フリーアナウンサーの田中みな実が、フジテレビ系連続ドラマ「ルパンの娘」(木曜午後10:00)に、“Lの一族”を敵対視する女泥棒・双葉美羽役でゲスト出演する。

同作は泥棒一族の三雲華(深田恭子)と警察官の桜庭和馬(瀬戸康史)の禁断の恋を描くラブストーリー。田中が演じる女泥棒・双葉美羽は、甘い言葉とパンチラという巧みなテクニックで男を誘惑して金品を奪う泥棒。しかし、自分の狙っていた獲物をことごとく“Lの一族”に横取りされているいら立ちを隠せず、復讐のため“Lの一族”の情報を探っている。

田中は、自身初のアクションシーンに挑戦し、“Lの一族”の泥棒スーツに負けず劣らずの魅惑の衣装も披露。深田演じる華と田中演じる美羽の女泥棒対決や、加藤諒演じる巻栄一を誘惑するシーンにも挑む。

深田との初共演に田中は「お会いしたのは今回がほとんど初めてでしたが、深田さんが出演されている作品が大好きで、自分が青春時代に見ていたドラマの多くに出られている女優さんを前に内心すごく緊張していました」と回想。アクションシーンについては「2、3時間しか練習する時間がなく、その間ムチを振り回しすぎて、手に力が入らなくなりました。ジムにも通っているから体力には自信がある方だと思っていたら、こんなにも体力が衰えていることにショックを受けました」と照れ笑い。

衣装姿も見どころで「30歳を過ぎて、これほど露出することになるとは思いませんでした。お見苦しいところも多いかと思いますが、そこは作品の世界観として大目に見ていただけたら幸いです」とアピールしている。