進次郎氏びっくり 孝太郎氏の投稿 「大好きなお父さん」

© 株式会社神奈川新聞社

小泉孝太郎さん(当時小6)の投稿が掲載された神奈川新聞の記事をみて驚く小泉進次郎氏=衆院議員会館

 「何、これ? 小泉孝太郎? うちのおにいが、これ書いたの?」-。自民党の小泉進次郎衆院議員(38)=11区=が驚いたのは、28年前、1991年の神奈川新聞横須賀版。当時小学校6年だった兄の孝太郎さんの投稿だ。

 タイトルは「大好きなお父さん」。土曜日に国会から横須賀の自宅に帰り、息子2人とキャッチボールをしてくれる父、純一郎さんのことをつづっている。

 〈一番うれしいときは、人工しばの公園に行って、近所の友達、弟とぼくとにノックをしてくれたり、バッティングの練習をしてくれるときだ。長いときは、一時ごろから五時半ごろまでやってくれることがある〉

 〈お父さんが大好きだ。いそがしいときでも、ぼくの好きなことをしてくれるお父さんを、いつまでも尊敬していきたい〉

 この投稿は、神奈川新聞の記者が見つけ、父親になる小泉氏に見せようと、8月中旬の単独インタビューの際に手渡した。

 小泉氏は「嬉しいな、おにいも覚えてないんじゃないの? おにいにも親父にも、家族に共有しますよ。見せるの楽しみだな」と話していた。