CAは自己紹介の達人!?CA経験者に学ぶ印象的な自己紹介をするための4つのポイント

© シーエーメディアエージェンシー/ハニーコミュニケーションズ

CAは自己紹介の達人!

CA経験者は、自己紹介がとても上手。それは、CAは自己紹介をする機会が多いからかもしれません。

筆者が現役CAのときは、ブリーフィング(フライト前のミーティング)では毎回フライトメンバーが違うため、自己紹介も毎回のことでした。

機材によってCAの人数が違うので、それによっても内容を変えていましたし、行先によっても変えていました。

CAだけのブリーフィング(ミーティング)の後、コックピットクルー(機長や副機長)への自己紹介も。

ファーストクラスに乗務すると、担当するお客さまへも自己紹介をします。

こんな風に、1日に何度も自己紹介をするうちに、自己紹介上手になるのかもしれませんね。

今回は、上手で印象的な自己紹介のコツを4つご紹介します。

 

1 視線(目力)

自己紹介をする時は、できる限り、ひとりひとりと目を合わせながら話します。

緊張しているかもしれませんが、気合いが入っているかもしれませんが、柔らかい笑顔を心がけましょう。

口元が笑っているより、目が笑っている方が、優しさが伝わりやすいです。

聞いている方は、目が合うと特別感を感じられ、より集中して聞きたい気持ちになると思います。

「目は口ほどにものを言う」と言われるように、目(視線)の力はとても大きいと言えるでしょう。

大きな会場で大人数の前で自己紹介するときは、一番遠くの人から近くの人へ目を合わせていくと、自分自身の緊張もほぐれますよ。

 

2 ゆっくりはっきり

緊張するとどうしても早口になってしまいます。

ですので、「こんなにゆっくりで良いのかな?」と思うほど、ゆっくり話してちょうど良いくらいです。

自己紹介で伝えたいことがたくさんあるかもしれませんが、内容を少し減らしてでも、ゆっくり話すようにしてみましょう。

一文一文を区切りながら話すと、相手に印象を与えやすくなります。

私:「藤原絵里と申します。」

相手:(藤原絵里さんかぁ)

私:「以前は中東の航空会社で働いておりました。」

相手:(中東の航空会社かぁ)

このように、聞いている方に心の中で復唱していただく時間を与える気持ちで、ゆっくりと話しましょう。

 

 

3 相手に合わせた内容を

自己紹介の相手はどんな方ですか?どんな場での自己紹介ですか?

相手の状況や、その場の状況を鑑みて自己紹介の内容を考えていますか?

例えばブリーフィングでの自己紹介で、伝えたいこととはどんなことでしょう。

・名前
・乗務年数
・他社で経験があればその乗務年数
・話せる言語

きっと、相手が知りたい内容はこのようなもののはず。

自己紹介の相手がファーストクラスのお客さまだとまた違います。

・名前
・国籍

をお伝えすれば十分でしょう。

自己紹介では、必ず相手や場所に合わせた内容を心がけます。

相手にとって何が必要な情報なのか、内容をしっかり考えてみましょう。

あれもこれもたくさん情報を詰め込みたくなってしまうかもしれませんが、一度に自己紹介する人数が多い場合の内容は、3~4つが適当ではないかと思います。

 

4 他の人を観察する

最初の方は何分自己紹介をしたか、項目はどんなことを話していたか、立っていたか座っていたままか。

先に自己紹介した人がどんな自己紹介をしたか、を観察することも大切です。

例えば、最初の方が、

・名前
・勤務先の航空会社
・勤務年数

を話した場合、その次の方もみな同じように自己紹介します。

それ以上でもそれ以下でもありません。

そわそわ時間を気にしている人が目に入ったら、「長くなってしまいましたね」などひと言添えて、切り上げる配慮も。

自己紹介で相手の方が知りたいのは、あなたの人となりです。

内容も大切ですが、それ以上に話し方や声、表情から、あなた自身を知りたくて、自己紹介の場を設けてくださっていいます。

ぜひ、全身であなた自身をアピールしてください。

 

自己紹介を得意に!

「自己紹介をしてください」と言われると、何を話していいか分からずまとまりなくダラダラと話してしまうという人もいるかもしれません。

相手にとって何を伝えるのがベストなのか、をクリアにすると、自然と伝えるべき項目がちゃんと分かります。

自己紹介もスキルの一つ。

ぜひ、相手の心に響く自己紹介スキルを身に付けたいですね。