便座が壊れたことをきっかけにはじまる大冒険!? コメディドラマ「The Benza」がMCMロンドンコミコンに初出展!

©有限会社ルーフトップ

2019年10月25日~27日にイギリスで開催されるMCMロンドンコミコン2019(MCM London Comic Con)にて、 日本でインディペンデントで製作されたコメディドラマ作品 ”The Benza” が出展される。 同作はアマゾンプライムビデオにて2019年4月から配信が開始されると、 その特異性からネットや口コミを中心に多方面で話題を集め、 今では世界8か国で視聴されている。 その後は韓国やインド、 アメリカなどで開催されたWebドラマの祭典にて”最優秀テレビシリーズ賞”や”主演男優賞”、 ”助演女優賞”などの多数の賞を獲得している。 低予算のインディペンデント作品が日本を代表する作品として海外のコミコンに出展されるのは異例の快挙となる。

コミコンは世界最大級のポップカルチャーイベント。 日本では毎年11月に幕張メッセで東京コミコンが開催されている。 イギリスで開催されているMCMロンドンコミコンは2002年から年に2回(5月、 10月)行われており、 毎年10万人規模の観客を動員している。 同イベントでの「日本で製作されたインディペンデントドラマ作品の上映」は初めてとなる。

今年は10月25日(金)~27日(日)の3日間に渡り開催予定。 ゲストには俳優のサイモン・ペック、 映画アクアマンで主演を務めたジェイソン・モモアが出演。 日本のコンテンツが紹介される”POP ASIA”ステージでは、 映像作品も上映され、 The Benza、 Fate/Apocrypha、 アスラクライン、 エロマンガ先生などが上映される。 また”キャロル&チューズデイ”の渡辺信一郎監督と堀元宣監督のゲスト出演も決定している。

ビッグネームや有名タイトルが並ぶ中で異色を放っている日本発のコメディ作品”The Benza”の製作を手がけたのは、 東京を拠点に活躍する多国籍映画制作チーム”Tokyo Cowboys” 。 インディペンデント作品をこれまで数多く製作し、 国内外で多くの賞を獲得してきた。 代表作に「The Actor and the Model」、 「The Wheel」等がある。 “The Benza”の物語は、 東京で暮らすクリスとカイルが自宅の便座が壊れたことをきっかけにはじまる大冒険を描いたコメディ作品。 現在アマゾンプライムビデオで配信されており、 日本、 アメリカ、 ドイツ、 UKなど世界8カ国で視聴可能。 今後も配信される国は増える予定だ。

出演は東京在住のアメリカ人モデル/俳優のクリス・マッコームス、 同じく東京在住で数多くのTV番組やCMに出演しているカナダ人俳優のカイル・カード。 脇を固めるのは、 日本人俳優陣グラビア女優の白いんこ、 タレントの野口径、 国際即興コントグループ・パイレーツオブ東京湾の川畑誠仁、 女優の池田香織。 スウェーデン人モデル/タレントのヤンニ・オルソン、 アメリカ人モデル/俳優のハンター、 アメリカ人女優で朝ドラ出演経験もあるハンナ・グレース。 韓国人俳優のリー・ミン・クック。 監督は日本人の映画監督/絵本作家の西坂來人。 コメディ作品の他にも児童養護施設をテーマにした作品を監督するなど、 幅広いジャンルの作品を手がけている。