整備中の県道「南箱道路」、4カ所で大規模台風被害 来年3月の開通予定ずれ込みか 南足柄と箱根結ぶ

© 株式会社神奈川新聞社

台風19号の記録的大雨の影響で道路が崩落した南箱道路=南足柄市矢倉沢(県提供)

 台風19号による記録的大雨の影響で、南足柄市矢倉沢と箱根町仙石原を結ぶ県道として整備中の「南箱道路」(通称、全長10.9キロ)が広範囲で大規模な被害を受けていたことが24日、分かった。山腹崩壊や道路崩落などが相次いでいるが、県は被害の全容を把握できていない状況。来年3月の開通予定がずれ込む可能性もあるという。

 県道路整備課によると、少なくとも4カ所で特に大きな被害があった。

 南足柄市域では、2カ所で道路脇の山腹が崩壊。うち1カ所は約50メートルにわたり山腹が崩れ、のり面に張られていた高さ約7.5メートルの落石防護網が大きく損傷した。残る1カ所は道路を完全にふさぐ形で崩壊しており、被害の詳細は分かっていない。別の場所では道路が高さ約7メートル、延長10メートルにわたり、えぐられるように崩壊している。

 箱根町域では、道路脇の沢から大量の水が流れ、路側のL型側溝工が延長95メートルにわたり流出した。

 南箱道路は、県西部の地域活性化を図る新たな道路ネットワークとして林道を改修。2013年度に事業に着手し、東京五輪を見据えて20年3月の開通を目指している。

 同課は「他にも被害箇所が多くあり、まだ全容を把握できていない。一日も早く整備していきたいが、工程をよく精査した上で今後のスケジュールを示していく」と話している。