【セリエA】C・ロナウド、偉大な先輩たちから学んだユナイテッド時代を回顧「優れた人たちを参考にした」

ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、マンチェスター・ユナイテッド時代にポール・スコールズやライアン・ギグスから何も学ばなければ、今ごろは馬鹿な人間になっていただろうと回顧した。

【EURO】キャリア通算700得点に到達したC・ロナウド 敏腕代理人メンデス氏が更なる成功を確信「彼はペレを超える」

2003年に18歳でスポルティングからユナイテッドに加入したC・ロナウドは、イングランドでその名を轟かせ、先日キャリア通算700ゴールを達成した。ウィンガーからセンターフォワードなど複数の攻撃的なポジションをこなし多くの得点パターンを備えているC・ロナウド。成長の秘訣を尋ねられると、ユナイテッド時代に多くの事を学んだと答えた。

【セリエA】将来はビジネスマン? C・ロナウドが引退時期について言及「1~2年後の事は誰も分からない」

「ちょっと頭を使える人間だったら、自分よりも優れた人間から学ぼうとする。僕はそうだったよ。ユナイテッドにいるときに、ギグス、スコールズ、ファン・ニステルローイ、ファーディナンドと一緒にやって、彼らから学ぼうとしなければ、それは馬鹿だと思う。ファーガソンからも多くの事を教わった。ドリブルとパスだけでなく、得点する可能性に気付いた。右足や左足、そして頭でゴールを決められるようになったよ」。

ユナイテッド時代の先輩たちから学んだと語るC・ロナウド

© 株式会社 LIVE SPORTS MEDIA