2週間以上治らない口内炎は、舌がんの疑いあり。急いで歯科へ!

© 株式会社ジェイ・キャスト

今年から11月は口腔がん撲滅月間。『それって本当に口内炎?知っておきたい舌がん』が扶桑社から発売された。

舌がんは口の中にできるがん「口腔がん」のなかで、最も多く約60%を占める。 他のがんに比べると馴染みのないがんだが、タレントの堀ちえみさんが舌がんステージIVを公表したことにより、一躍その注目度が高まった。2週間以上治らない口内炎は「舌がん」の可能性ありというから注意が必要だ。進行が早いので早期発見&治療開始が大事だという。

本書の監修は東京歯科大学口腔がんセンター長の柴原孝彦さん。

写真は『それって本当に口内炎?知っておきたい舌がん』(扶桑社)
  • 書名:それって本当に口内炎?知っておきたい舌がん
  • 監修・編集・著者名: 監修:東京歯科大学口腔がんセンター長 柴原孝彦
  • 出版社名: 扶桑社
  • 出版年月日: 2019年10月31日
  • 定価: 本体900円+税
  • 判型・ページ数: AB判
  • ISBN: 9784594614720

(BOOKウォッチ編集部)