キスマイ・宮田俊哉が世界中の「オタク」に共感! 暴走トークに「すごく分かる」

© 株式会社東京ニュース通信社

12月28日放送のフジテレビ「オタクのおたく」(深夜1:25、関東ローカル)に、アニメ・声優“オタク”として知られるKis-My-Ft2の宮田俊哉が登場。客観的に“オタク”を見た宮田は「“オタク”の良いところ、悪いところが見えました」と笑い、「話し出したら止まらなくなるのが、すごく分かります。“オタク”のそういうところが好きだなと改めて思いました」と共感している。

同番組は、国内にとどまらず海外の“オタク”の自宅、つまり“おたく”を直接訪問したり、世界中の“オタク”の“おたく”とスタジオをスカイプでつなぎ直撃したりと、“オタク”の人生に迫っていく情報バラエティー。番組では、シンガポール在住の“バービー人形オタク”、マニラ在住の“スーパーマンオタク”など、個性豊かな“オタク”たちの素顔に迫る。また、日本在住の“ファンシー絵みやげオタク”の自宅にはバブル芸人こと平野ノラが訪問。日本在住の“スニーカーオタク”や、日本のゲームが好き過ぎて日本に移住したフランス人“ゲームオタク”、アメリカ在住の“ドラゴンボールオタク”たちにも直撃する。

宮田のほか、“オタク”たちの人生に迫っていくのは宮川大輔と山﨑夕貴フジテレビアナウンサー。2人が「飽きっぽい性格で“オタク”と呼べるものがない」と語る一方で、宮田は次々と登場する“オタク”たちに共感しきり。また宮田が「今年のコミケで3時間半並んで買った」という、お気に入りのグッズを手に自宅の部屋で自撮りした写真も披露する。さらに、宮田のアニメ・声優トークが止まらなくなり、山﨑アナに「宮田さんの話が止まらないので次にいきましょう」と言われてしまう一幕も。そんな宮田に宮川は「世界中の“オタク”に密着したVTRを見ていた宮田くんの横顔がほんま楽しそうで、かわいらしかったです。宮田くんがもっともっと好きになりました」とその魅力にハマっている。

宮田は収録後、「突き詰めていてかっこいい。本当に好きなことをして生きていくってかっこいいなと思いました」と実感を込め、宮川は「オタクの方からクイズが出題されるので、一緒に考えていただけたら面白いかなと思います。世界各国、いろんな分野でいろんな方がおられると思うので、興味がない方も見ていただけたらめちゃくちゃ面白いと思います。全員全部見どころだと思います!」とアピールしている。