【LOFT PROJECTスタッフ社員アンケート】2019年の○○○BEST3!

© 有限会社ルーフトップ

新店舗も増え、ますます”ガンガン行こうぜ”モードのLOFT PROJECTですが未来のことばかり考えてらんねえよということで、有志をつのり2019年を振り返って個人的BEST3を挙げてもらいました。テーマは自由。それぞれの人となりが垣間見える気がします。お店でスタッフを見かけたら、ぜひお声がけくださいね。

【掲載リスト(※順不同)】柳沢英則 (新宿LOFT・店長)、山崎尚哉(阿佐ヶ谷ロフトA)、小林タクオ(Loft PlusOne West・店長)、前川誠(阿佐ヶ谷ロフトA)、幸進伍(ネイキッドロフト)、椎名宗之(ルーフトップ&ロフトブックス編集長)、おくはらしおり(阿佐ヶ谷ロフトA・副店長)、成宮アイコ、平野悠(ロフトプロジェクト席亭)、柏木聡(LOFT/PLUS ONE・ブッカー)、大塚智昭(音楽部門統括)、石崎典夫(トーク部門統括)、てらわきはるな(Loft PlusOne West・漁礁)、お舟ちゃん(吉田知弘・Loft PlusOne West)、榊原康太郎(LOFT9 Shibuya)、鈴木恵(LOFT/PLUS ONE・店長)、松本尚紀(ロフトプラスワンウエスト・副店長)、カゼ(ネイキッドロフト・店長)、中野(ネイキッドロフト)、義村智秋(下北沢SHELTER・店長)、じゃいあん(Flowers Loft・店長)、東健太郎(ロックカフェロフト・店長)、日野弘美(LOFT/PLUS ONE・ブッカー)、一木義彦(LOFT/PLUS ONE・副店長)、太田龍一郎(新宿LOFT・制作)、チバタケヒサ(LOFT X KOENJI・店長)、マツマル(LOFT9 Shibuya)、サイトウワタル(LOFT9 Shibuya/店長)、白井絢介(ロフトプロジェクト企画制作部)、山本修一(LOFT HEAVEN・店長)、川本俊(下北沢SHELTER・副店長)、遠藤桃子(Loft PlusOne West)、松井良太(Loft PlusOne West)、植益(LoftPlusOneWest)、一村(Loft PlusOne West)、平松(Loft PlusOne West)、上本(Loft PlusOne West)、加藤梅造(ロフトプロジェクト社長)、タナカモエ(阿佐ヶ谷ロフトA・まともな会社員)、小柳元(ネイキッドロフト・ブッキング)

■2019年、行ってよかったやなモンのパワースポットベスト3
① よこはま動物園ズーラシア
② 桂浜
③ 新選組壬生屯所遺跡 八木邸
①ヤブイヌが見たくてよこはま動物園ズーラシアに行きました。「ヤブイヌは水掻きが付いてて、犬なのに泳げるんだよ」とご満悦にSTAFFに話してたら、「犬は泳げるじゃないですか」と言われ、「えっ? 犬って泳げるんだっけ?」って思いましたが、犬掻きってありますもんね。②龍馬が郷里でもっとも愛したといわれている桂浜まで龍馬を感じに行きましたが、イマジネーションが乏しいのか、「ここに龍馬がいたのか」とは思えず、「海だなー」としか思えませんでした。③新撰組の京都の屯所だった八木邸に行きました。芹沢鴨達が殺された新撰組の屯所です。お話をしてくれたおじさんが、「ここは人殺しの現場だよ」と言ってハッとしました。「そうだよな…」と妙に納得してしまいました。これが幕ハラです。

■今年摂取した栄養素ベスト3
①L-カルニチン
②トリプトファン
③GABA
①脂肪燃焼度を高めてくれる栄養素で、主に肉に含まれていて肉の中でも特にラム肉に多く、摂取すると基礎代謝が上がります。2019年は週一くらいで焼肉を食べたのでおそらくL-カルニチンの摂取量はダントツでしょう。②幸せホルモンであるセロトニンを生成するために必要な栄養素で、豆腐やチーズに含まれています。毎年季節の変わり目に鬱気味になるためトリプトファンをたくさん摂取しようと努めました。③チョコレートやトマトに多く含まれていて脳内の血流を活発にし、興奮を抑えて心身をリラックスさせる働きがあり、落ち着きたいときにチョコレートをたくさん食べたのでおそらく3位かなと思いました。

■2019年に手に入れた変なVHSベスト3
①3Dメガネ付きAV(MASH&NAOinNY)
②梅宮辰夫の男の魚料理
③日本一の悪女? 雅美のパワーオブラブ

私、廃盤ビデオを集めておりまして、今年は意外や意外豊作の年! 田代まさしさんがCMに出演していたお菓子『ぬーぼー』の感動!? アニメビデオ、大塚整形外科の手術シーンを集めたビデオ、松田聖子さんの偽物のAVなど100本近く収穫できて、ご機嫌な年でした。その中で数々の名作をなぎ倒して、この3作をノミネートしてみました〜!! 中でも1位にランクインした3Dメガネ付きアダルトビデオは圧巻! 女性器のドアップのシーンで、どでかいモザイクが3Dで飛び込んで来るんですから(笑)。来年はどんなVHSに出会えるか楽しみにしています。ご静聴ありがとうございました!

■今年のチャイナ・ミエヴィル ベスト3
①『言語都市』
②『都市と都市』
③『ペルディード・ストリート・ステーション』
チャイナ・ミエヴィルの描く、高級住宅地とスラムがボーダーレスに繋がっている雨に煙った都市がどうしようもなく好き。在庫(積んでいる本)が切れたときはかなりの確率でミエヴィルを読み直すんですが、毎年この3作+『キング・ラット』あたりが上位を争っていて2019年はこんな感じに落ち着きました。そろそろ新作を読みたい頃ですが無理なら『言語都市』をアニメ化してくれよ! 頼む! 誰か!! ……さて、2019年はSF当たり年とのことで実際良作に山ほど出会えました。本稿執筆時は未発売の『大絶滅恐竜タイムウォーズ』(草野原々)がそんな当たり年の素晴らしい締めくくりとなることを期待しているのですが、どうでしたか2020年の僕。

■2019年度個人的にお世話になったパチスロベスト3
①ディスクアップ
②聖闘士星矢 海王覚醒
③ハナハナシリーズ
今年で20年になりますが、特になにもなければいつものようにパチスロに行ってしまう人生を送っております。昔に比べて厳しい時代になってきましたが、今年お世話になったベスト3がこちらになります。ディスクアップは本当によく出来た面白い台なので、特に打ちたいのなければいつもこれを打っています。海王覚醒は資金に余裕のある時は積極的に狙ってましたが今では怖すぎて触れなくなってしまいました。ハナハナは自分自身を見つめ直す時間のような感じで打ってます。ここに使ってる時間で本を読んだり映画を見たりした方が良いのはわかった上で、休日になればまたパチスロに行ってしまう。そんなありふれた休日を過ごしています。

■2019年極私的愛聴盤ベスト3
①ZELDA『はじまりのゼルダ 最初期音源集1980-1982』
②THE STALIN『STALINISM NAKED』
③YAPOOS『ヤプーズの不審な行動 令和元年』
ベタによく聴いたアルバムを。デビュー前のゼルダはこんなにもパンキッシュでエキセントリックかつエモーショナルなバンドだったのかと驚嘆&ヘビロテした①。平成最後の日、新宿三丁目でゼルダのサヨコさんにインタビューをしてミチロウさんと初めて話をしたのは渋谷の屋根裏だったという話を伺い、その日の夜にミチロウさんの訃報を聞いて朝まで聴き倒した②。20年ぶりの新曲も収録された③は令和のヤプーズ計画の一端が窺える作品。「赤い戦車」の凄まじい進化っぷりに震撼。宮村優子に提供した「12才の旗」のセルフカバーは冒頭の「今夜は赤飯だー!」から最後の「バンザーイ!」まで本家はやはり肝の据わりっぷりが凄い(笑)。

■ARASHIのこの曲を聴けベスト3
①ファイトソング
②言葉より大切なもの
③Happiness
21年間ずっと私を支えてくれたARASHIが今年2020年、活動休止。活動休止前にファンではない方にも一度は聴いて頂きたい曲を3曲ご紹介。③とにかく聴くと元気になれる!②敬愛する二宮さん主役のドラマ「Stand Up‼」と一緒に!①ロフトに勤めどんなに辛くても絶対に頑張ろうと思えるのは応援歌である”ファイトソング”があるから! 作詞は全てメンバーが担い、作曲は二宮さんのソロ曲「楽園」を編曲したもの。そして、エアギターバンド公開収録をした新宿ロフトプラスワンがPVに出ているんです! プラスワンに行く度に胸が熱くなり、どんなことも頑張れる。ARASHIがいるから私はずっと此処で頑張れている。

■2019年好きだったアイドルソングベスト3
①RYUTist『きっと、はじまりの季節』
②MELLOW MELLOW『WANING MOON』
③RAY『バタフライエフェクト』
①のRYUTistさんは、これまでの透明感比重高めの声とはちょっと違う力のこもった太めの歌声で、聴いているとグっときます、好き…。②のMELLOW MELLOWさんは、声量・歌唱力の天才、全曲メロウで超ド好みなのですが(ダンスもまじすごいので今すぐ動画見てライブ行って!)、新宿ロフトのライブでSENAちゃん(華奢な美少女)が「今日は女性限定エリアがあって女の子のお客さんも多いので男性モードで来ました!」と煽るように声を張り上げて最高すぎ、沼、好き…。③のRAYさんは、シューゲ企画に出演されていて、轟音+キラキラな歌詞と歌声なんてエモすぎで言葉を失い、ライブハウスを出て無意味に寒空の下を歩き回ったくらい高まりました、好き…。

■昨年逝ってしまった多士済々なお友達……
①和田誠(イラストレーター)
②岡留安則(元『噂の眞相』編集長)
③高須基仁(出版プロデューサー・脱がせ屋)
いやはや、ついに老人になってしまったワタシ。周りの老人たちが次々に旅立ってゆく。これでもか、これでもかとばかりワタシを通り越していなくなる。次はワタシの番だっていつも覚悟している昨今である。死を恐れることは死に対する適切な反応ではない。死の対極は不死だ。不死はいいものだろうか。人間は必ず死ぬという運命に対して、私はどのような態度をとるのか。(シェリー・ケーガン)

■いろんな人に観てほしい今年の映画ベスト3
①『映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』
②『羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ)』
③『ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん』
今年は映画が豊作の年だったと感じています。今回挙げた三作は小規模公開のアニメ作品からとさせていただきました(『天気の子』など、大作はみんな見てるでしょ)。企画の都合上ベスト3となってますが50音順で並べただけで同率一位です、スミマセン。三作ともWEBではもう話題になり徐々に広がりを見せているので今更感もありつつ…。アニメ映画ではありますが、あまりアニメに馴染みがない方にもオススメです。特に、お子さんに届いてくれると嬉しいなと個人的に思っています。本当に丁寧に作られていて、物語・映像作品として素晴らしく、「まだまだアニメには可能性があるんだな」と感じさせてくれました。

■今年ハマった携帯ゲームアプリベスト3
①ホームスケイプ
②ドラクエウォーク
③キングダムセブンフラッグス
私、ハマりやすい体質なので、携帯ゲームにハマると、数日のめり込んではクリアして飽きるを繰り返しています。今年のベストアプリの三位はセブンフラッグス。漫画キングダムにハマり、キングダムの名将達を所謂ガチャで当てて自分の持ち札として戦うゲームです。好きなキャラクターは羌瘣です。そして昔スーファミでハマったドラクエが、位置情報RPGとしてリリースされたドラクエウォーク。丁度8月に自転車が盗まれたようで、それ以来歩く時には必須アイテムになりました。好きなキャラクターはトルネコです。そして一位は、パズルゲームホームスケイプです。家にいるときはテレビを見ながら、お風呂入りながらずっとやってます。三ヶ月でカンストし、その後の世界チャンピオントーナメントで世界一を取った気がする。

■村西とおる監督が写真を撮る際に叫ぶフレーズベスト3
①おまんこー!!!
②アナルー!!!
③フェラチオー!!!
今年、まさかの『全裸監督』ドラマ化で、何度目かのブレイクを果たした村西とおる監督。村西監督といえば、写真を撮る際の掛け声(「はい、チーズ」ではなく、必ず卑猥な言葉を叫ぶ)が大好きで、いつもイベントの度に写真を撮ってもらっていました。ポイントは大きな声で言う。あと、大人数でやるとより「俺たちはなにやってるんだ」感が出ておススメです。ベスト3では定番フレーズを上げさせて頂いたのですが、最近では「小陰唇―!!!」「ちくび―!!!」など、変化を付けてきたとのことで、来年の村西監督の活躍含めて、より目が離せない所です。

■ストロング酎ハイベスト3
①KIRIN The STRONG ホワイトサワー
②氷結STRONG シチリア産レモン
③サッポロチューハイ99.99(フォーナイン)
ストロング酎ハイはなんと言っても効率の良い酒。早めに酔いたい、遅れて行った会で追いつきたい…という時にはもってこいですが、身体に悪い何かしらの成分のせいで次の日の体調が怖いというのが懸念されますよね。しかし1位2位のストロングは次の日に残らない!(500ml×3くらいは大丈夫) 何かしらの成分の配合が良いらしい。両方KIRINさんなん! 企業努力を愛してます。3位のフォーナインは死にますが味がうまいです。

■今年のなんやねんベスト3
①あなたは住所が複数存在します。
②キスの後、蛾入る
③とがってるヘタレバーテンダー
お初です、お舟です。早速ですが第3位。あるBARに行きまして、そこの無愛想なバーテンダーさんがカッコつけてグラスのカクテルを回し過ぎて中身ぶっかけられる。なんやねん。空のコップだけ置かれたわ。第2位は好きな人ができまして、なんとか接吻させていただいた直後に大きめの蛾が口にフォールイン。なんやねん。羊たちの沈黙のパッケージみたいになったわ。そして堂々の1位は、賃貸戸建てに住みましてライフラインに電話。「その家、住所が複数存在します。」もう意味わからん。なんや諜報部員住んでたんか。ということでなんやねんワースト3でした! ちなみに、久しぶりに実家帰って犬撫でたら枕元でうんこされる、は14位でした!

■個人的おもちゃベスト3
①M1号 ヘドラ ブルークリア成型
②バンダイ 1/60旧キット ガンダム
③SEGA メガジャンボぬいぐるみ ゴジラ
おもちゃが好きです。グッとくる、バスっとしてる、良いボリューム感、良い艶感、そんなおもちゃが好きです。2019年は塩ビ・ソフビ素材以外にも手を出してみようと言っていた矢先にゲーセンで見かけたぬいぐるみ。こいつはバシッときて収まりがいいです、はい。ゲーセンで3000円使いました。2位はでっかいガンダムをとにかく作りたくて、旧キットを扱える程の腕はないものの買ってしまった1/60ガンダム。ボリューム感と旧キットのカンカン感が良きです。1位はやっぱり2019年お世話になったM1号さんのクリアブルー成型のヘドラ。造形最高、着彩最高、西村さんの人柄も最高、究極です。

今年の素敵な店員看板ベスト3
①るい君(モチ肌男子)のりんご看板
②秀くん(シャイボーイ)のさつまいも看板
③三ツ橋さん(黒髪ショート女子)の寿司看板
毎日うちの子たちが、わりと頑張って描いてる看板。2019年、個性も愛情も感じられて良かった食べ物シリーズ看板です。

■出会った犬ベスト3
①エレベーターで乗り合わせるパグ
②店の前で会う黒い犬
③豆柴カフェの柴犬
自宅マンションでよく会う、無邪気に駆け寄ってくるパグと無愛想なホストのセット。アンバランスさがパグの可愛さを引き立てています。当店前の怪しげなビルからオバさんに連れられ出てくる黒い老犬。一切犬種がわからない謎のフォルムに、人生3周目か?と思うほどの達観した表情。思わず背筋を正して挨拶をしてしまいます。大きな期待を持って訪れた豆柴カフェ。しかし現場の豆柴ちゃんは、毎日たくさんの人間を相手にし、目の輝きを失っていました。それでも、補って余りあるほどのサイズ感の可愛さで3位に。帰り道では、 あの奴隷船(豆柴カフェ)から豆柴ちゃんを助けだす! と意気込みました。寝て起きたら全部忘れてました。

■ネイキッド近辺の良い居酒屋ベスト3
①韓国料理マニト(ネイキッドの真向かい)
②めん屋 桔梗(終わりの無き営業時間…)
③ホルモン焼 幸永(ほぼ真向かい)
①今年はお店の向かいの街路樹の整理があり、元からあった居酒屋が新たに現れたかのように発見。90分飲み放題で1000円のコスパと何もフードも頼まなくても大丈夫という強気なスタイルで朝5時まで。ご飯も美味しいですよ。②職安通りと小滝橋通りの交差点で終わりなき戦いをしているお店。とりあえずボトルを入れて最後にラーメンを特盛でシェアすれば満足だけど営業終了時間は無いので注意。③飲みには若干高いが納得のコスパ。一番値段以上と感じる焼肉屋です。そこでホッピー飲めばいいんじゃ無いかと。ちなみに焼肉で言うとタクシーの運ちゃんは「黒5」という焼肉屋で降ろす客が多いとの事なので一度は行ってみたい。(叙々苑の8割の価格帯らしい)

■はまったものベスト3
①けんかラジオ
②くまのプーさん
③地元の友達と公園飲み会
①今年から始まったズンズンポイポイさんの面白ければなんでもありという無法地帯のネットラジオです。送られてきたメールを全部読むという超ストロングスタイルをとっているため、最近はえげつない長さになっていますが、お二人のフリートークに加え、売れて更新されなくなった芸人ネットラジオ難民の多くが投稿しててとても面白いです。暇なときはこればかり聴いていました。②ちゃんと見るまではかわいいだけのアニメだと思ってました。全然違いました。100エーカーの森の住人同士の理不尽や奇行がたくさんあって面白いです。YouTubeに上がってる公式はどれも三分程度で見やすいのもいいです。③多いとき週6位のペースで10人弱集まってました。異常です。

■2019年美味い美味いと連呼しまくったごはんBEST3
①美鈴の焼餃子(伊勢)
②平和園のカルビ温麺(帯広)
③鍋家の担々麺(笹塚)
③ここは夜遅くまで開いてるし、何食べてもだいたい美味い。担々麺マイブームの火付け役になった店。寿命が縮むんだろうなぁと思いつつも、スープの往復が止まらない。とどめにライスをぶち込みノックアウト。②マイメンに会いに毎年北海道に行くのだが、久しぶりに訪れた焼肉屋。さすが日本の台所、どの肉も安くて美味い!腹一杯なのに勢いで頼んでみたところ、するすると麺が入り込んでいく。ハーフサイズにして後悔。"麺"も別腹だったんですね。①B'zのライブで三重に行った際に立ち寄った餃子の店。若い衆がせっせと目の前で餃子のあんを皮に包んでいる傍ら、大将? がフライパンで豪快に焼き上げていく。ジューシーなかおりだけで、黒ラベルがすすむ。専用のタレをつけて、添えられている紅生姜と一緒に食べると、そこはもうパラダイス。2020年も美味しいものに出会えますように。

■僕が撮ったぐうかわ女子ベスト3
①忍野さらちゃん
②安位薫ちゃん
③病夢やみいちゃん

インスタ(ID:tikalzgiant)に謎の交友関係でかわいこちゃんを載せるのが趣味なのですが2019年ベストぐうかわを選びました。③はCY8ERの病夢やみいちゃん。なんと33歳。②はグラビアアイドルの安位薫ちゃん。なんと20歳。①は忍野さらちゃん。最近はグラビアだけでなくドラマとかにも出てがんばってます。以上3名でした。順番はインスタのフォロワー数にしました。ぐうかわぐうかわ言ってますが顔や容姿ってだけの話ではなく、すごく色々見えないところで努力してて自分の夢に向かってがんばっている女子がぐうかわだと思いますし、バンドとかもそうだと思います。そしてそういう人は周りを幸せに出来るパワーをもっていると思うので、僕も来年はでぶかわではなくぐうかわになれるようにがんばります。(※web版のRooftopでは大きく写真を掲載しています)

■ロックカフェの年間フードオーダー数ベスト5
①鶏の唐揚げ 1,259食
②フィッシュ&チップス 455食
③お得セット 360食
④RCLカレー 319食
⑤フライドポテト 301食
ロフト系列のトーク系店舗は「居酒屋スタイルのライブハウス」という形容をしますが、ロックカフェもその中のひとつです。手作りにこだわっている料理たちは常連さんにも大好評です。特に某サイトでも紹介された「鶏の唐揚げ」は大人気メニューでして、ダントツのオーダー数になりました(集計して若干引いてます…)。2位になったフィッシュ&チップスは店仕込みのタルタルソースかビネガーを選んでもらいます。お得セットは日替わりのおつまみ3品とドリンクのお得なセット。RCLカレーも日替わりで、来るたびに様々なカレーに出会えます。他にも定番のおつまみや独創的な気まぐれメニューなど盛りだくさんで皆様のご来店をお待ちしております(宣伝になっちゃいました…ごめんなさい)。

■今年観て面白かった映画ベスト3
①ハローワールド
②ジョーカー
③ペンギン・ハイウェイ
今年はあまり映画を観れておりませんが、アマゾンプライムを観たり、本を読んだり、と相変わらず引き込もり利気味ですが、ペンギン・ハイウエイのおっぱいへのこだわりは細部に伝わり…! 来世生まれ変わったらあんな子供になりたいな!一行さんかわいい!

■トモトシ映像ベスト3
①「美術館に飾ってある絵画の立ち入り禁止境界線内に繰り返し入り、注意される」
②「電車や街中など随所でスーツにお着替え」
③「インドの映像」
※正式な作品名が分かりませんでした。すみません…
元ロフトプラスワン店員であり今年はあいちトリエンナーレにも出展したトモトシくんの映像作品はどれも面白い! トモトシくんの映像を観ている時のドキドキ感ワクワク感は
昔のV&RのAVを観ている時のドキドキ感ワクワク感と一緒だと気づきかなり驚いた記憶がある。現在開催中の埼玉での個展もかなりヤバい。4mもある棒高跳びの棒を埼玉から新国立競技場まで通行人に協力してもらいながら運んだりゴミ箱を持って東京中を駈け回ったり…と書きつつもまだ観に行っていないのでよく分かりませんが…いずれにしろ、深夜に全作品上映したいです! 日々つまらない日常の連続なので、こういう面白い人や作品に一つでも多く出会いたいと強く思いました。1/19(日)まで埼玉県立近代美術館にてトモトシ個展「有酸素ナンパ」開催中!!

■禁煙のお供ベスト3
①ガム(ACUOがベスト)
②MINTIA
③グミ類
私は定期的に禁煙、禁酒をしています。始めた理由は当初毎日かかさずにお酒を飲んでおり、毎朝二日酔いに苦しめられており辞めてみたらどうなるのだろう? という気持ちから始まりました。1週間絶ってみたのですが最高でした。朝早くスッキリ起きれて家事をしてから出社し、休日には散歩など自分の時間がどれだけお酒に取られていたのかを実感しながらも今では適量摂取する程度で以前よりしっかりお酒と向き合えております。禁煙もこの形で続けていきたいです。もし同じく考えている方がおりましたら一緒に頑張りましょう!

■自炊した料理で美味しかったベスト3
①ラーメン
②ワンタンメン
③チャーシューメン
我が家には電気式の圧力鍋がありまして、それを使って気が向いたらゼロからラーメンを自作しています。みようみまねで、とんこつと、鶏ガラと、昆布と、煮干しと、素人が考えつくラーメンのスープ作りで必要な素材を鍋に詰め込むのですが、各回において何かしらのこだわりを持ってラーメン作りに臨みます。ある時は鯛のアラを入れてみたり、エビを入れてみたり、ハマグリを入れてみたり、干し椎茸を入れてみたり、セロリを入れてみたり…結果、もちろん自分で作ったからっていうのもあるけど、びっくりするくらい美味しいですよ。カップヌードルくらい。

■渋谷はやっぱり苦手と思ったことベスト3
①歩きタバコしてる人にぶつかりそうになる
②自撮りしてる人にぶつかりそうになる
③外国人の観光客集団に囲まれて身動きがとれなくなる
昨年は「渋谷はちょっと苦手と思ったことベスト5」を挙げたので、今年は「逆にここは好きかも」な部分がないか30分ほど考えたのだが、マジで思いつかなかった。駅から店に着くまでの歩道が狭く、とにかく移動がしんどいのでなんとかしてほしい。オリンピックの時期が今から心配。関係ないけど最近あった衝撃的な事件は「忘年会で団体予約した店に電話したら、実は潰れていて既に売りに出されていたことに当日気づく」というものでした。渋谷はこわい街。※写真は実際に潰れていた店の写真

■2019年心を揺さぶられた瞬間ベスト3
①映画秘宝(洋泉社)が宝島社に吸収合併、休刊へ
②武藤敬司、ツイートした画像にチンコらしきものが映り込んだとバズる
③忍び寄る痛風の影
まず②。これはびっくりしましたねー。のちに温泉の風呂桶の柄の部分だったのでは? という本人からの説明でしたが…武藤の『現役感』がね、それをそう見せてしまったという。つまりはもう、やっぱりプロレスラーエピソードなんですこれも。みんな忘れてたでしょ?①は本当に今さっき聞いたニュース。「お疲れ様でした!」とか「お世話になりました…」というコメントする皆さんはもう、それはそれ。死んでねぇから! 間髪を入れずに「よっしゃまた担ぐぞ!」と、肩にツバを擦り込むような姿勢で常にありたい。③はこれね、ホント最初は「どこかにぶつけたっけな?」って。そのうちにウワーってな具合にえぇ。…生きたいっすねぇ! そんな感じです!

■2019年やっぱり好きなラーメン店ベスト3
①千里眼
②ラーメン二郎
③蒙古タンメン中本
①10周年おめでとうございます! 写真は夏限定の冷やし中華。②今年は歌舞伎町二郎と小滝橋二郎だけで年間50杯くらい食べてました。写真は川越二郎の汁なし。③週4で冷し味噌を食べたい。

山本修一(LOFT HEAVEN・店長)

■今年のお気にアンプベスト3

①FENDER / '68 Custom Deluxe Reverb

②ELK Vesser V60D

③PEAVEY CLASSIC 50

3年ぐらい前から町田のSDR店長中村さんの影響でFender Sidekickシリーズにハマっていて、その頃から徐々に国産アンプの魅力に取り憑かれ、メサブギのマーク1コピーで隠れた名機「ELK Vesser V60D」が不動の1位でしたが、今年に入り当店の常設アンプとしてやってきた「FENDER / '68 Custom Deluxe Reverb」が急上昇してしまいました。 65のリイシューに比べるとロックで直球で、アンプ直でもエフェクターを通してもナイスなガッツのあるサウンドを奏でるので最高。パイロットランプが青っていうのがLOFT HEAVENにバッチリすぎます! 3位の「PEAVEY CLASSIC 50」はベースマンスタイルですがリードチャンネルの歪みが深くブリティッシュでな上に、今年は西田製作所でメンテナンスしてもらい、さらに抜けが良くなったので永遠に使えそうです。

川本俊(下北沢SHELTER・副店長)

■2019年シェルター深夜部キープボトルベスト3

①某ヤマザキダゼ 18本(a.k.a 杉田家/ありがとう。)

②某まほ 16本(ゴリラ変身可)

③某のぞみ 9本(巨乳OLカメラマン)・某坂井くん 9本(彼女できたらしい)

シェルター2019年度キープボトル本数は某ヤマザキダゼ様(杉田家・千葉の方)が18本で1位となりました。ヤマザキ様はお一人飲みでの18本!さすがの一言。昨年の3位からの優勝です。やっぱ1個上の先輩は凄いですね。一生付いていきます。まほはイケイケの同僚達とのグループ飲みというシェルターにはあまりない若さ溢れる飲兵衛の気質を感じます。酔うとゴリラにもなるので飼育員大募集中です。のぞみと坂井君は私生活の忙しさをひしひしと感じますが元巨人、川相のようなバント職人。コンスタントに数を重ねてきます。渋い。喪黒福造には及びませんが、来年も深夜部一同、皆様のココロのスキマお埋めします。

遠藤桃子(Loft PlusOne West)

■今年のデンタルフロスベスト3

①REACH(リーチ) リーチデンタルフロス ワックス

②matsukiyo デンタルフロス

③小林製薬やわらか歯間ブラシ

今年小林製薬のやわらか歯間ブラシを初体験しました。こんなものがあんな狭い所に入るのかと心配だったけど、意外と入るもんで血が出るまで夢中で出し入れしました。その時にガスッと何か塊が取れ、その瞬間1ヶ月ほど悩んでいたお口の不快感が一気に解消されました。汚い話ですが多分食べカスがずっと挟まっていたらしく、それからは歯ブラシだけじゃなく歯の間も掃除するアイテムを持ち歩くようにしました。その他色々な形状を試した結果、個人的にはREACHのデンタルフロスが一番汚れを絡め取ってくれると思ったので、少し値段は張りますが今年の1位です。マツキヨのフロスはお値段も手頃で、ミントの清涼感がまかないの後とかに最適です。

松井良太(Loft PlusOne West)

■12月に行ないたい質素な飲み方ベスト3

①年末年始の番組が載っているTVガイドを見ながら飲む

②今年出た曲プレイリストを作りながら飲む

③なかなか会えていない人と会ったり電話したりしながら飲む

昔はこの時期、街全体の打ち上がっている感じが嫌いでしたが、綺麗なイルミネーションなどを見ると「綺麗やなあ〜」と思えるようになってきた僕の12月の質素な楽しみベスト3です。③は昔の友達などに急に連絡して声を聞きます。特に話す内容はなくても、いつもやっちゃいます。12月の浮かれた勢いを利用しているのですが、相手はいつもびっくりしていますね。今年中に会いたい人の声を聞くというのは良いものです。②はここ10年くらいずっと行なっているのですが、年々新しい曲が聴けていないことを痛感するので、自分でルールをどんどん甘くしながら騙し騙し行なっています。①は学生時代に友達と年末のTVガイドを見ながら年末年始に思いを馳せる飲みをやっていたのを、今年もやってみました。年末年始のSP番組のワクワク感とだんだん日常に戻っていく切なさがなかなか楽しいです。400円と缶ビールで一晩いけるのでオススメです。

植益(LoftPlusOneWest)

■聴いてたら、まぁいいか〜! って思える曲ベスト3

①時にまかせて/金延幸子

②エアプレイン /pizzicato five

③青春狂奏曲/サニーデイサービス

①この曲のメロディーに合わせて歌詞を聴いていると時にまかせるのもいいか〜となる。

②遊んで暮らせるなら それはそれでイイんじゃない、などの歌詞からまぁそんないろいろ悩まなくていいか〜という気持ちが生まれる。③初めてこの曲を生で聴いた時のオーディエンスのお祭感が忘れられなくて、この曲を聴くたびにどんな感情でも頭のなかでお祭が開かれる。

一村(Loft PlusOne West)

■癖ありすぎ芸人ベスト3

①ゲタカルビマン/ハネウマ

②鬼こんぼう丸/ハネウマ

③るみな☆(るみなスター)/若蔵

芸名に癖がありすぎる芸人を紹介したい。UMEDA芸能所属の芸歴4年目ハネウマと芸歴1年目若蔵である。(2019.12現在)2組とも面白い漫才をするが、芸名に癖がありすぎて自己紹介をするだけで笑いが起きる。芸人の間では「カルビ」「鬼」「るみな」と呼ばれ、誰も芸名をフルでは呼ばない。ちなみに「るみな」は本名であり、相方の芸名は「岩だるま」となっている。2組に会ってみたい方は、梅田のお初天神にある“お笑いショーバーグラッチェ”へ行くと、UMEDA芸能所属の芸人とお話ししたり、ネタが見れたりする。2020年3月で閉店するので、ぜひ一度会いに行ってほしい。

平松(Loft PlusOne West)

■2019年刺激を受けた物ベスト3

①『笑い飯のなんばグランド花月LIVE』

②様々な国内・海外のドラマ

③Khruangbin

①もう10年以上彼らの単独に通い続けていますが、今年の単独は「笑い飯を好きで良かった!」と思わせてくれる出色の仕上がり。オンリーワンすぎるネタ・コーナーを見ていると、やはりテレビでメインを張って好き勝手して欲しいと強く感じました。②『いだてん〜東京オリムピック噺〜』『俺の話は長い』『アフターライフ』『セックス・エデュケーション』『ザ・ボーイズ』『キリング・イヴ』『モダン・ラブ』『マインドハンター』『マーベラス・ミセス・メイゼル』などなど素晴らしい作品がたくさんありました!③コーチェラの配信で一目惚れしたテキサス出身の3ピースバンド。グルーヴが心地良くて、よく仕事の時に聴いていました。

上本(Loft PlusOne West)

■2019年幸せになれるアイスベスト3

①ロッテ大人のひととき レディーボーデンストロベリーバー

②BEN&JERRY'S コットンキャンディー

③江口グリコ ガトーショコラ クッキーサンド

③の江崎グリコ ガトーショコラ クッキーサンドは嫌な事があった夜におすすめ。4種類のチョコレートが入っていてチョコレートのパリパリの食感で頭がいっぱいになり無心で食べ切ると嫌な事も忘れられます。もはやハーゲーダッツです。②BEN&JERRY'S コットンキャンディーはちょっと贅沢な夜におすすめ。甘ったるくてシャリシャリのキャンディーにモチッとしたテクスチャーで食べると気分はブルジョアです。好きな人とお風呂で半分こしましょう。①ロッテ大人のひととき レディーボーデンストロベリーバーは安い! うまい! サイコー! な一品です。でもあまり見かけないので見かけたら全部買って毎日食べましょう!!

加藤梅造(ロフトプロジェクト社長)

(※写真は在りし日の高須さん「テロよりエロ!」)

■ロフトベスト3

①松本ロフト、高円寺LOFTXオープン

②Loft PlusOne West 5周年

③高須基仁さん死去

個人的には特に何もない1年だったので、仕事上印象に残ったことを。19年は松本ロフトと高円寺LOFTXを新規オープンと予想外の出店ラッシュだった。松本駅は特急あずさ号で新宿から一本で行けることを初めて知った。中央線ってすごいな。大坂のウエストは、めでたく5周年を迎えた。すっかり関西に定着してくれて嬉しい。9月の高須基仁さんの死はショックだった。また一人プラスワンの恩人がいなくなって寂しい。最後の8.15は病院から抜け出して15分だけ登壇するという決死のステージだった。ついでにワースト3を挙げると、3.香港デモ長期化。これは香港だけの問題ではなく世界的な民主主義の危機。2.気候変動の深刻化とそれにともなう災害多発。小泉環境相はグレタ・トゥンベリを批判している場合か。1.安倍首相の憲政史上最長在任。既に日本は、かつて宮崎学が「白い清潔なファシズム」と呼び、想田和弘が「熱狂なきファシズム」と名付けた社会になっていることにまだ気づいてない人は多い。これこそが本当の悪夢。

タナカモエ(阿佐ヶ谷ロフトA・まともな会社員)

■2019年10月に起こったことベスト3

①誕生日当日に台風ハギビス直撃

②同僚からの誕生日プレゼントが電マ

③機材にぶつけて前歯がズレる

①→数ヶ月前から楽しみにしていた全感覚祭も中止、鳴りやまない警報、水没する職場、2019/10/12の出来事です。②→この同僚は一昨年はSMセット(手錠とかギャグボールとか)、去年は彼氏型抱き枕(これは愛用中)、今年は電マをくれました。何?③→まだ治療してません。労災下りますかね?

■個人的に印象的だった出来事ベスト3
①ネイキッドロフト15周年記念イベントで歴代の出演者、店長、スタッフと一同に再会。
②元ロフトのアルバイト、トモトシが話題の「あいちトリエンナーレ」にアーティストとして参加
③同世代の出演者達に協力してもらい、「令和」になる前に「平成」を振り返るイベントを開催
③は阿佐ヶ谷ロフトで「キレる1982年生まれが振り返る平成」というイベントを開催させてもらった事。ほぼ初対面の同世代の出演者達と一緒に「平成」を振り返るというのは本当に貴重な体験でした。②は元ロフトプラスワンアルバイトのトモトシがアーティストになり、今年大炎上した「あいちトリエンナーレ」に出品した事。付き合いだした当初は彼がそんな風になるとは夢にも思ってなかったので、その大躍進ぶりに驚きました。①はなんだかんだで10年以上近く側で観てきたネイキッドロフトに自分が入り、振り返るイベントに当事者として参加出来た事。3~4年程離れてしまったお店ですが、再度戻って来る事になり、そのタイミングで同じ時間を過ごした人達と昔を語り合う事が出来たのは幸せでした。