リベッツ、連敗止め3勝目 琉球に3―2

© 株式会社山陽新聞社

2勝して岡山リベッツの勝利に貢献したチョ・デソン=宜野湾市立体育館((C)T.LEAGUE)

 卓球のTリーグは28日、沖縄県の宜野湾市立体育館などで行われ、男子4位の岡山リベッツは2位琉球を延長の末に3―2で下した。11月23日以来の白星で連敗を4で止めて3勝10敗(勝ち点14)。両チームの順位に変動はなかった。

 リベッツは森薗・町のダブルスが第3ゲーム7―7から4連続得点して先取。続くシングルスのチョ・デソンは前回対戦で苦杯をなめた荘智淵に第3ゲームを1―8からひっくり返すなどして快勝した。吉田、森薗は敗れたが、1ゲームで争うビクトリーマッチに再び登場したチョ・デソンが先のワールドカップで団体3位となった日本代表の吉村に競り勝った。