伊王島小中学校の「お正月遊びコーナー」大人気

© 株式会社長崎新聞社

 長崎市立伊王島小中学校の玄関付近に、かつて子どもたちが正月に遊んでいたこまやけん玉などのおもちゃのコーナーが設けられ、児童生徒が楽しんでいる。
 今月中旬からだるま落とし、おはじき、竹とんぼも並んでいる。同校は今年4月から小中学校が併設となり、小学生は15人、中学生は12人。休み時間に仲良く遊んでいるという。
 コーナーは1月中旬まで設置する。大町美紀校長は「スマホのオンラインゲームがはやっているが、人と人が向き合う昔のおもちゃを通して子どもたちに絆を深めてほしい」と話している。