主砲筒香メジャーへ、ソトが2冠&山崎2年連続タイトル…DeNA2019年10大ニュース

© 株式会社Creative2

来季からレイズへ移籍する筒香嘉智【写真:荒川祐史】

衝撃的なパットンの“冷蔵庫事件”やソト&ロペスの大砲コンビなど助っ人も活躍

 今年のDeNAは2位になり、クライマックスシリーズを始めて本拠地で行うなど実りの多い年となった。そんなこの1年間には活躍した人から去っていく人、また“珍事件”も。2019年に起こったDeNAの10大ニュースを振り返る。

○今永昇太が開幕投手に、13勝でエースに成長

 昨年は4勝11敗と成績を落とした今永だったが、オフの豪州リーグ参加や春季キャンプ、オープン戦での力投が認められ開幕投手を勝ち取ると、今季はリーグ2位の13勝7敗、防御率2.91と好成績を収め、チームのエースに成長した。

○山崎康晃が2年連続最多セーブ、インスタではローランドとの…

 山崎は今季も61試合に登板、30セーブを挙げて2年連続で最多セーブのタイトルを獲得。また史上15人目、史上最年少で通算150セーブを達成した。チームの絶対的存在となった山崎だが、シーズン終了後には将来的なMLB挑戦の意向を球団に伝えた。自身のインスタグラムではたくさんのプライベートショットを公開し、ファンも楽しませた。中でもホスト界の帝王ローランドと帝京高時代クラスメートだったことは衝撃を与えた。

○ドラフト1位ルーキー上茶谷大河が活躍

 東洋大からドラフト1位で入団した上茶谷は開幕4戦目の4月2日ヤクルト戦(神宮)でプロ初登板。5月にはプロ初勝利を挙げた。今季は25試合で1完投を含む7勝6敗、防御率3.96と好成績を残した。同級生のソフトバンク・甲斐野らの存在は刺激になった。

○好調な開幕から一転…4年ぶりの10連敗

 開幕カードを勝ち越したDeNAだったが、4月16日の中日戦に敗れるとそこから大連敗がスタート。広島、阪神と連敗が続き、25日の阪神戦では8回までリードしたものの、9回に山崎が痛恨、近本の3ランで逆転負け。29日の巨人戦でようやく連敗を脱した。しかし交流戦で勝ち越したこともあり、前半戦を2位タイで終えた。

○助っ人大活躍! ソトが本塁打&打点王

 ネフタリ・ソト外野手は今季は開幕戦からスタメン出場。43本塁打、108打点と大活躍。2年連続の本塁打王に加え、初の打点王に輝き、2年連続でベストナインに選出された。

悔しさ噛み殺し、優勝の瞬間を見つめるナイン、来季こそ優勝を

○ロペスが31本塁打&連続守備機会無失策記録を樹立

 ホセ・ロペス内野手は今季も31本塁打を放って活躍しただけでなく、一塁手連続守備機会無失策の記録を51年ぶりに更新し、一塁手連続守備機会無失策1632のプロ野球新記録を達成。リーグ特別賞を受賞した。

○パットンが右手小指骨折 衝撃の“冷蔵庫事件”

 ここまで2年連続で中継ぎとして活躍していたスペンサー・パットン投手が“事件”を起こしたのは8月3日の巨人戦。8回に登板も1死も奪えず2失点で降板。ベンチに戻ると怒りを抑えきれず、ベンチの奥に置かれた冷蔵庫を強打。右手小指を骨折して離脱し、クライマックスシリーズにようやく復帰を果たした。

○神里和毅の台頭、初の規定打席

 昨年ブレイクの兆しを見せていた神里はプロ2年目の今季は開幕1軍入り。交流戦ではチームトップの打率.303をマークし、オールスターゲームに監督推薦で初出場した。またクライマックスシリーズにも3試合ともスタメン出場。気迫のプレーで打率.429をマークした。今季通算では打率.279、119安打、6本塁打、35打点。来季は後半戦も長く成績が残せるよう、飛躍を目指していく。

○目の前で巨人の胴上げ許すも…21年ぶりの2位入り

 シーズン序盤に大型連敗があったにもかかわらず、9月には首位巨人に2.5ゲーム差まで接近。優勝の可能性も高まったが、9月21日に巨人がM2で迎えた横浜スタジアムでの直接対決で延長10回の末に敗戦。目の前で胴上げを許す屈辱を味わった。しかし2位は1998年の優勝以来の高順位であり、球団初のクライマックスシリーズ(CS)本拠地開催となった。

○キャプテン筒香嘉智外野手のMLB挑戦と退団

 筒香は今季29本塁打、打率.272、126安打、79打点と主軸として活躍したが、チームにとってはそれ以上の大きな存在だった。そんな筒香は来季は米大リーグのレイズ入りが決まり、退団が決定した。2016年にはチームを初CS、そして今年は2位に導いたキャプテンの不在は大きな穴だが、夢を叶えた筒香に習い、DeNAも悲願の優勝を成し遂げられるか。(Full-Count編集部)