ウイイレ2020「ポテンシャル最強の23歳以下」選手、TOP10

© 株式会社コリー

9月に発売された「eFootball ウイニングイレブン2020(PES2020)」。多くのユーザーが今日も試合を楽しんでいる。

今回はそのゲームに収録されている選手の中から「ポテンシャルが最も高い23歳以下の選手」を特集。

9位:ニコロー・ザニオーロ

クラブ:ローマ

ポジション:AMF

ポテンシャル:91

ローマに所属している大型MFザニオーロ。FPバージョンはないものの、総合値78のノーマルでポテンシャル91を記録している。

9位:ドニー・ファン・デ・ベーク

クラブ:アヤックス

ポジション:AMF

ポテンシャル:91

アヤックスで昨年大ブレイクを果たした22歳の俊英ファンデベーク。様々なことを起用にこなすAMFは、ノーマルカードでポテンシャル91だ。

9位:マルコ・アセンシオ

クラブ:レアル・マドリー

ポジション:LMF

ポテンシャル:91

怪我で長期離脱しているが、ゲームならば活躍させてあげられる。ノーマルカードで91のポテンシャルを備えるストライカーだ。

9位:エインズリー・メイトランド=ナイルズ(FP)

クラブ:アーセナル

ポジション:RMF

ポテンシャル:91

22歳のメイトランド=ナイルズはノーマルが総合値75、ポテンシャルが87。12月26日配布開始のFPバージョンでポテンシャルが91まで引き上げられている。

9位:アンドレアス・ペレイラ(FP)

クラブ:マンチェスター・ユナイテッド

ポジション:AMF

ポテンシャル:91

ドリブルとパス系の能力に長けているマンチェスター・ユナイテッドの攻撃的MF。11月末に配布されたFPバージョンのポテンシャルが91だ。

8位:アレクサンドル・ゴロヴィン

クラブ:モナコ

ポジション:AMF

ポテンシャル:92

ロシアで行なわれたワールドカップでブレイクした23歳。スピード、ドリブル、キックの能力が高く、ノーマルでポテンシャル92に達する。

5位:フェデリコ・バルベルデ(FP)

クラブ:レアル・マドリー

ポジション:CMF

ポテンシャル:94

今季のレアル・マドリーで台頭した20歳のウルグアイ人MF。攻撃面の能力に優れるボランチだ。12月12日に登場したFPバージョンで能力がかなり高まっている。

5位:ニコロー・バレッラ(FP)

クラブ:インテル

ポジション:CMF

ポテンシャル:94

ボディバランス、スタミナ、積極性が非常に優れているバレッラ。発売間もない9月26日に登場したFPバージョンのポテンシャルは94に達する。

5位:ファビアン・ルイス(FP)

クラブ:ナポリ

ポジション:CMF

ポテンシャル:94

ビッグクラブから注目されているファビアン・ルイス。パスやドリブルに長けているカードとなっており、2種類のFP両方のポテンシャルが94だ。

2位:フッサーム・アウアール(FP)

クラブ:リヨン

ポジション:CMF

ポテンシャル:95

フランスの天才MFとして知られる。中盤のどこでもこなせる応用力と器用なスキルを備えており、9月登場のFPではポテンシャル95と素晴らしい数値に。

2位:アミヌ・ハーリット(FP)

クラブ:シャルケ

ポジション:AMF

ポテンシャル:95

天才ドリブラーとして知られるハーリット。ノーマルでも素晴らしい数値を持っているが、9月19日配布のFPではポテンシャル89から95まで伸びている。

2位:ダニ・セバージョス(FP)

クラブ:アーセナル

ポジション:CMF

ポテンシャル:95

今季アーセナルに加入したセバージョス。12月19日に初めてのFPバージョンが登場し、そのポテンシャルは世界最高クラスとなっている。

1位:カイ・ハヴァーツ(FP)

クラブ:レヴァークーゼン

ポジション:AMF

ポテンシャル:98

圧倒的なポテンシャルを見せているのがレヴァークーゼンのハヴァーツ。FPが二種類あるが、これは10月初頭に配布されたもの。