7年連続首位打者、3年連続MVP、210安打… NPB時代のイチローが残したもの

© 株式会社Creative2

東京ドームでの開幕シリーズ後に引退を表明したイチロー氏【写真:AP】

ドラフト4位入団、3年目の1994年に210安打&打率.385と大ブレーク

「イチローの引退」は2019年球界屈指の大ニュースだった。改めてイチローが残した実績を振り返ろう。まずはNPB編。

○1991年
 11月のドラフト会議でオリックス・ブルーウェーブに4位指名される。この年のドラフトでは4巡目までは入札。若田部健一(駒沢大)、斎藤隆(東北福祉大)、田口壮(関学大)が1位で重複指名されたが、4位のイチローは単独指名。「オリックス 4位 鈴木一朗 外野手 愛知工業大学名電高等学校」と読み上げたのは、この年限りでパ・リーグを退職した故伊東一雄氏だった。

○1992年 
 7月12日のダイエー戦、木村恵二からプロ入り初安打。しかし2軍暮らしが長かった。2軍では58試合で238打数87安打、打率.366。7月17日、東京ドームで行われたジュニアオールスターゲームで8回に近鉄の中村紀洋の代打で登場し、大洋の有働克也から本塁打。MVPに輝いている。1軍では40試合、打率.253(95打数24安打)、0本塁打だった。

○1993年
 1軍では6月12日の近鉄戦(長岡)で野茂英雄からプロ入り初本塁打を記録するが、43試合、打率.188(64打数12安打)1本塁打にとどまる。2軍では前年6月20日のウエスタン・リーグ広島戦(広島)からシーズンをまたいで連続試合安打を継続。8月8日、滋賀県湖東球場での阪神戦で途切れるまで空前の46試合連続安打を記録した。

○1994年
 2月21日の沖縄宮古島キャンプでの横浜とのオープン戦初戦で友利結からランニング満塁ホームランという破天荒なスタート。開幕直前に登録名を「鈴木一朗」から「イチロー」に変更。

 開幕後も不動の1番打者として固定され、NPB記録(当時)の210安打を記録、打率.385で首位打者、MVPを受賞、スターダムに躍り出た。打率.385は、1970年の東映、張本の.383を抜くパ・リーグ記録。NPBは急遽「最多安打」を連盟表彰記録とする。

○1995年
 阪神淡路大震災が起こり、オリックスは「がんばろうKOBE」と地元を鼓舞。イチローは首位打者・打点王・盗塁王・最多安打・最高出塁率を獲得。本塁打は25本。あと3本塁打で空前の「打撃4冠王」になるところだった。オリックスはリーグ優勝。MVPを2年連続で受賞した。

2000年にパ記録の打率.387をマーク、同年オフにマリナーズ移籍

○1996年
 オールスターで巨人松井秀喜の打席で投手としてマウンドに上がるも、セ・リーグ野村克也監督は高津臣吾を代打に送る。この年も最多安打・首位打者・最高出塁率を獲得。オリックスはリーグ連覇。3年連続MVPに選ばれる。

○1997年
 前年から引き続き216打席連続無三振のNPB記録を樹立。最多安打・首位打者を獲得。

○1998年
 5年連続の最多安打・首位打者を獲得。5年連続首位打者は張本勲の4年連続を抜くNPB記録。

○1999年
 シアトル・マリナーズの春季キャンプに招待される。4月20日の日本ハム戦で金村曉から本塁打を放ち、NPB史上最速の757試合目で通算1000安打を達成。8月24日の日本ハム戦で下柳剛から右手に死球を受け、以後の試合を欠場したが6年連続首位打者を獲得した。

○2000年
 シーズン終盤まで3割9分台の高打率をキープ、史上初の4割打者への期待がかかったが、8月27日のロッテ戦でファウルボールを打った際に右脇腹を痛めて途中交代。以後欠場したが、7年連続首位打者となる。打率.387は、1986年阪神、バースの.389に次ぐ史上2位。自身が保持していたパ・リーグ記録を更新。

 シーズン終盤の10月12日にポスティングシステムを利用してのMLB挑戦を表明。11月10日、シアトル・マリナーズがイチローの交渉権を獲得。マリナーズへの移籍が決まった。

 NPB通算では951試合出場、3619打数1278安打、118本塁打、529打点、199盗塁、打率.353。

 首位打者7度、打点王、盗塁王各1度、最高出塁率、最多安打各5度。MVP3度、ベストナイン、ゴールデングラブ各7度。オールスター出場7回。(広尾晃 / Koh Hiroo)