紙製ランチョンマット 魅力伝える散策マップ

© 株式会社長崎新聞社

紙製のランチョンマット

 手作りパンや地酒を提供する長崎市銀屋町の飲食店「まちバル 14番目の月」は、同市の中島川から寺町周辺の魅力を伝える散策マップを、紙製のランチョンマットにして無料配布している。
 A3判のカラー。観光スポットを紹介しているほか、中島川の石橋群や寺などの名称が読めるように英語表記も添えた。市の「まちぶらプロジェクト」に認定されている。
 観光客や買い物客が多いランチタイムに提供しており、持ち帰る客も多いとか。代表の的山晃子さんは「お客さんとの会話の糸口にもなっている」と、思わぬ効果に喜んでいる。