黄金期支えた岩瀬&浅尾に“アライバ”…中日の2010年代ベストナインは?

© 株式会社Creative2

中日の黄金期を支えた岩瀬仁紀(左)、荒木雅博【写真:荒川祐史】

先発には2011年に最多勝&最優秀防御率の吉見を選出

 2019年は与田剛新監督の下、新たな体制で臨んだ中日。結果的には68勝73敗2分けの5位に沈んだ。2010年、2011年と落合博満監督の下でセ・リーグを連覇しながら、落合氏が退任したあとは低迷期に。2013年から7年連続でBクラスと、12球団で最もAクラスから遠ざかっている。そんな2010年代の中日のベストナインを選んだ。

【投手】
先発 吉見一起
中継ぎ 浅尾拓也
抑え 岩瀬仁紀

 投手陣は2000年代後半から2010年代の黄金期を支えた投手たちをピックアップした。吉見は正確無比のコントロールを武器に、2008年から5年連続2桁勝利。2011年には18勝で最多勝、防御率1.65で最優秀防御率のタイトルに輝いた。2013年以降は故障もあって2桁勝利はないものの、この10年間を代表する先発投手だった。

 中継ぎ、抑えは浅尾、岩瀬の2人しかいないだろう。落合体制を支えた勝利の方程式。浅尾は2010年に72試合に投げてNPB記録となる47ホールドをマークした。2011年には79試合に投げて45ホールドで2年連続最優秀中継ぎのタイトルを獲得。この年の防御率は驚異の0.41だった。肩の故障で2018年に引退したが、最強のセットアッパーだった。

 岩瀬については、もはや説明不要。1999年から15年連続で50試合以上に登板するなど、NPB史上最多となる1002試合登板、407セーブという金字塔を打ち立てた。2010年代だけでも2度の最多セーブのタイトルを獲得するなど守護神として大活躍。時代を代表するクローザーだった。

一塁手にはビシエド、三塁手にはルナの助っ人2人が

【内野手】
捕手 谷繁元信
一塁 ダヤン・ビシエド
二塁 荒木雅博
三塁 エクトル・ルナ
遊撃 井端弘和

 平成の時代を代表する捕手だった谷繁は現役晩年となった2010年以降も正捕手としてチームを支え、2014年、2015年は選手兼監督としてプレーした。一塁手は現在の主砲であるビシエド。2016年に加入すると、4年間、チームの核として活躍。チーム愛にも溢れる優良助っ人だ。

 二遊間はやはり“アライバコンビ”になるだろう。黄金期の中日を支えた鉄壁の二遊間。全盛期は2000年代後半だったが、ベテランとなっても主力としてチームを支えた。井端は巨人移籍後の2015年に、荒木も2018年を最後に現役を引退した。三塁手は2013年から3年間、打線の核を担った好打者のルナを選出。1年目は怪我もあって85試合の出場にとどまったが、打率.350をマークした。2年目には打率.317をマークしてベストナインとなった。

【外野手】
大島洋平
平田良介
和田一浩

外野手は大島、平田、和田の3人。大島と平田は2010年代の10年間、外野のレギュラーとしてチームを支えてきた。和田も2010年に最高出塁率のタイトルに輝くなど、黄金期の中日を支えた1人だった。

【監督】
落合博満

 2011年に退任した落合監督のあと、高木守道、谷繁、森繁和、与田剛と10年間で5人が指揮を執った中日。やはり2010、2011年と連覇に導いた落合監督が、この10年を代表する監督と言えるだろう。在任8年間でリーグ優勝4回、8年間全てでAクラスと残した成績は抜群だった。(Full-Count編集部)