神戸・藤本憲明のシンデレラボーイっぷりがすごい・・・!

© 株式会社愛幸

今シーズン途中からヴィッセル神戸に移籍した藤本憲明選手。 過去の経歴を辿っていくと、恐るべきシンデレラボーイっぷりです・・・!

藤本憲明のサクセスストーリー

藤本憲明選手はプロ入り前、アマチュア選手として当時JFLの佐川印刷SC(現在の名称はSP京都FC)に所属。午前は練習、午後はほんの包装作業に携わりながらプレーしていました。

3年目にはステージ優勝を経験し、個人としても得点王の活躍を見せましたが、2015年にチームが活動休止を発表。サッカー選手としてどう歩むべきか、次の決断を迫られました。

その後J3鹿児島ユナイテッドへ移籍し、同年に得点王を記録。翌年も24得点で堂々の2年連続得点王を獲得したのでした。

恐らく、皆さんの記憶にも新しい2018年は大分トリニータでプレー。

序盤はスタメン定着に苦労したものの、後半から高いパフォーマンスを発揮し始め、気づけばチーム内得点王の12得点で見事チームをJ1へと導きました。

第99回天皇杯でヴィッセル神戸が初優勝!

時は流れ2020年1月1日。

藤本選手はヴィッセル神戸に移籍し、天皇杯決勝のピッチに立っていました。

藤本選手の得点かと思われた1点目はオンゴール判定となったものの前半38分、クロスボールにしっかりと反応しチームの優勝を後押しする2点目を奪い取りました。

イニエスタやポドルスキなど名だたる選手たちと共にプレーし、申し分ない活躍でヴィッセル神戸の重要なピースとなった藤本選手。

2012年にアマチュアから始まった藤本憲明選手のサッカー人生は、たくさんのサッカーをプレイする人たちに勇気や希望を与えてくれたことでしょう。

獲得タイトル

【チーム】

全国高等学校総合体育大会サッカー(青森山田高校) 優勝

JFL セカンドステージ(SP京都FC 優勝

天皇杯(ヴィッセル神戸) 優勝

【個人】

J1リーグ 月間MVP

J3リーグ 得点王2回

J3 MYアウォーズベストイレブン

出典: ja.wikipedia.org