きょうの天気 北海道 午前中は猛ふぶきに警戒

太平洋側は冬晴れ続く

© 株式会社ウェザーマップ

きょう(2日・木)の全国の天気

 きょう(2日・木)は、日本海側の雪の範囲は狭くなっていくものの、北海道では昼頃にかけて猛ふぶきとなる所がある見込み。見通しの悪化に注意が必要となる。太平洋側は晴れて、空気の乾燥が続きそうだ。

きょう(2日・木)午後9時の予想天気図

 きょうは大陸から高気圧が張り出して、冬型の気圧配置は緩む見込み。北陸や北日本の日本海側では、雪の範囲は狭くなるものの、北海道では午前中を中心に猛ふぶきとなり、見通しが悪くなるおそれがある。車の運転には注意が必要だ。また、北陸は不安定な天気で、いったん雪がやんでも夕方以降はまた雨や雪が降りやすく、雷を伴う所もある見込み。

きょう(2日・木)午前9時の雨雪と風の予想

 太平洋側は冬晴れとなり、空気の乾燥が続くため、風邪や火の取り扱いに気をつけたい。

きょう(2日・木)の予想最高気温

 日中の気温はきのう(1日・水)と同じか少し高く、西日本では12℃前後の所が多い予想。風は弱く、日中は日差しの暖かさを感じられそうだ。名古屋は10℃、東京は11℃など、お正月らしい寒さが続く見込み。北海道は真冬日の所が多く、厳しい寒さが続きそうだ。
(気象予報士・及川藍)