舘ひろし&長嶋一茂の超プライベート空間を太田光と上田晋也の“思い出話”だけで公開!

©株式会社東京ニュース通信社

爆笑問題の太田光とくりいむしちゅーの上田晋也による中京テレビのトーク番組「太田上田」(火曜深夜0:59)。その特番「太田上田のカメラ回さないので見せてもらっていいですか?」が日本テレビ系で1月4日(午後3:55=中京テレビ制作)に放送になる。

太田と上田が視聴者からの質問や悩みをきっかけに気ままなトークを繰り広げる同番組だが、初の全国放送となる特番では、2人がゲストのプライベートに迫るロケを敢行! そして、ロケの最後に「ゲストの超プライベート空間」にもお邪魔する。ただし、そこにはスタッフも入らず、カメラも回さない。撮影OKの部分はロケVTRで、肝心の超プライベート空間の部分は「思い出話だけ」で公開。普通のテレビ番組では成立しない試みも、トークの申し子・太田、上田なら面白エピソードトークに! 2人だからこそ引き出せる“ゲストの素顔”に迫っていく。

1人目のゲストには、俳優の舘ひろしが登場。まずは舘が出演していた「あぶない刑事」のエンディングでおなじみの赤レンガ倉庫へ向かい、太田監督のもと3人で「あぶない刑事」のエンディングを撮影する。続いて舘が行きつけの高級ホテルのレストランでは、「ラーメンライス」なるものをごちそうしてくれるというが、一体どんなものなのか? さらに、舘とは昔働いていた洋服屋の同期だという旧友・ドン小西も登場し、古くからの友人ならではの情報が飛び出す。そして、舘が若いころバイクで走ってヤンチャをしていたという思い出の地・表参道では、おじさん3人でタピオカドリンク屋さんを訪問する。その後、いよいよ舘の超プライベート空間である、横浜のホテルのスイートルームへ。ここにはカメラもスタッフも入らず、太田、上田のみで突入。その内容は2人が撮影した写真を使いながらトークで解説。舘は「家と現場の間をバスローブで移動する」という伝説の通り、バスローブで出迎えたというが、ホテルから現場へもバスローブで移動しているのか? そのほか、石原裕次郎とのエピソードなども飛び出す。

2人目のゲストは長嶋一茂。代官山のオシャレなルームフレグランス専門店で待ち合わせし、高級感あふれる店内を物色。一茂にお勧めされた香りが気に入った上田は、一茂におねだりをする。続いて、極真空手の実力者である一茂が通う、北島康介・佐藤可士和らがプロデュースする話題のパーソナルジムへ。太田、上田もトレーニングを体験するが、ミット打ちを少ししただけで太田はバテバテに…。一方、普段からボクシングジムに通っているという上田は華麗なパンチングを見せる。そして、一茂の提案で太田と上田のスパーリングも実施することに。最後は、一茂が仕事場にしている邸宅へ2人を招待! ここにはカメラもスタッフも入らず、太田、上田の2人のみ。太っ腹な一茂からプレゼントをもらったり、何か高価なものがないかと物色したりしたそうだが、その結果は果たして?