大谷の同僚、20歳超有望株も… 6年54億円契約を超えるMLB未経験の逸材は誰?

© 株式会社Creative2

日本戦でホームランを放ったアメリカ代表のジョー・アデル【写真:荒川祐史】

「CBSスポーツ」は「MLBデビュー前の有望株との大型契約は新しいトレンド」と伝える

 ホワイトソックスは2日(日本時間3日)に、キューバ出身の22歳、ルイス・ロバート外野手と6年総額5000万ドル(約54億円)プラス2年の球団オプションで契約延長した。メジャー未経験選手としてはMLB史上最高額の契約で、大きな話題を呼んでいる。米テレビ局「CBSスポーツ」は、「ルイス・ロバートに続いてMLBデビューを前に長期での契約延長を手にする可能性のある5選手」とのタイトルで、若手有望株選手を紹介している。

 記事は、ロバートの契約内容を紹介。球団が2年間のオプションを行使した場合は8年総額8800万ドル(約95億円)に達するとしている。さらに昨季マイナーで計122試合出場、打率.328、32本塁打、36盗塁を記録したと説明。「MLBデビュー前に有望株との契約延長に合意することは、比較的新しいトレンドである」と伝えている。

 記事はさらに、こういったケースは、アストロズと契約した一塁手のジョン・シングルトンが初めてで、他球団も追随していったと指摘した。エバン・ホワイト内野手は昨年11月に6年総額2400万ドル(約25億9400万円)でマーリンズと契約。イーロイ・ヒメネス外野手は昨春にホワイトソックスと6年総額4300万ドル(約46億4800万円)で契約した。スコット・キングリー内野手は2018年に6年総額2400万ドル(約25億9400万円)でフィリーズと、ジョン・シングルトンは2014年に5年1000万ドル(約10億8000万円)でアストロズと契約した。

 そして記事は、今後大型契約が見込まれる選手を紹介している。

エンゼルスのアデルは昨秋の「プレミア12」にアメリカ代表で出場した

 その筆頭格がエンゼルスのジョー・アデル外野手(有望株ランク全体5位)だ。記事は「20歳のアデルは昨季マイナーで計76試合出場、打率.289、10本塁打を放った」と指摘。そして「エンゼルスは今、勝利を目指している。ア・リーグのワイルドカード2枠を懸けた熾烈な戦いが予想される中で、全ての勝ち星が大事になる。右翼のポジションは空いており、契約延長によってアデルを開幕戦のロースターに入れることができる。彼のメジャーリーグサービスタイムについて悩む必要がなくなる」と解説。

 投手では、タイガースのケイシー・マイズ投手(有望株ランク全体7位)であると紹介。「投手の有望株と長期契約延長した球団はない。あまりに多くの怪我のリスクが潜んでいるからだ」とした上で「最終的には思い切って投手の有望株と長期契約する球団も出てくるだろう」と予測し、「タイガースとマイズがその筆頭である」としている。

 マイズは昨季マイナー計21試合に登板、8勝3敗、防御率2.55。109回1/3を投げて106三振を奪っている。記事は「この22歳は紛れもなく球界最高の投手の有望株である」と説明。「マイズは1年間(2019年)の大半を2Aで過ごし、3Aの経験が不足しているにもかかわらず、MLBに昇格する準備が整っていると考えられている。どれ程の金額になるか定かではないが、MLBデビュー前に契約延長をする候補者である」と指摘している。

 記事ではほかにもレイズのワンダー・フランコ内野手(有望株ランク全体1位)を紹介。「とてつもない才能」であるとし、「2020年に19歳になるフランコがMLBデビューする可能性は論外ではない」と評している。フランコは昨季マイナーで計114試合出場、打率.327をマークしている。

 アデルは昨秋の「第2回 WBSC プレミア12」に米国代表として出場。侍ジャパンとの一戦では、大野雄大から右翼スタンド中段に飛び込む特大の一発を放つなど、日本でもおなじみの選手。今後もメジャー未経験選手の大型契約があるのか、注目される。(Full-Count編集部)