「俺は安倍晋三が大っ嫌い」 元BOOWYの“反骨ツイート”が話題 安倍昭恵の「オキニ」となった布袋寅泰とどちらが本物のロックか?

© TABLO

画像はCD『BOΦWY』より

高橋まことさんのTwitterが炎上しています。

『へへっ俺は安倍晋三が大っ嫌いです。だってこいつ国民の為に何をやってくれたんですか。消費税上げて民の生活を苦しくしてくれるだけじゃあないですか。あのなぁこんなのは政治家とは言わないんだよ。みんな気が付けよ。バカに任せてるとこの国終わるぜ』(1月5日)

ドラマー高橋まことさんは、1980年代を代表する伝説のロックバンドBOØWYでギタリストの布袋寅泰さんと一緒にデビューしました。ロンドンに移住して世界アーティストを目指す布袋寅泰さんとは真逆のタイプのようです。

「反骨精神の高橋まことさんと、布袋さんは対称的ですね。布袋さんは、安倍昭恵さんに可愛いがられています。2015年8下旬には、南青山の会員制バーで密会が報じられました。深夜2時に安倍昭恵さんに呼び出されて、首筋にキスされたというのです」(週刊誌記者)

東日本大震災の復興支援のスタイルも、二人は多少異なっていました。

「ロックボーカリスト吉川晃司さんと布袋寅泰さんのロックユニット『COMPLEX』が震災の年2011年の7月に東京ドームでチャリティーライブ『日本一心』を開催しました。

一方、高橋まことさんは、福島復興支援プロジェクトCROSS OVER JAPANを立ち上げ、『高橋まこと(ex BOØWY)の復興BOØWYセッションを各地で開催し、アマチュアミュージシャンとセッションしながら、募金活動を続けています。昨年末に東京、今春には、名古屋で開催します」(音楽ライター)

反体制、反権力がロックの真髄という趣旨の名言を吉川晃司、ニルバーナ他、多くのミュージシャンが残していますが、本当のロック魂は、どちらに宿っているのでしょうか。(文◎花苑スープ)