バレンタインデーに大人絵本を贈るのと株が急上昇する!?

© 103R株式会社

最近、注目を集めているのが「大人絵本」。大人が自分のために楽しむ絵本でございます。“おしゃれな贈り物”の新定番としても注目されております。

大人絵本は特に“忙しい大人”へのプレゼントにおススメでございます。

その最大の理由は短い時間で楽しめること。それでいて素敵な映画を1本観たような癒しを得られるのでございます。

自分のペースで楽しめるの魅力でございます。魅力的な絵を眺めながらゆったりと自分時間を楽しむこともできるのでございます。

是非一度、大人絵本をご体験頂ければと存じます。

そして絵本をバレンタインデーにプレゼントする習慣を是非是非広めて頂きたいのでございます。

そこで今回は、プレゼントとして絶対失

「おやすみ、ミユキ」(作:ロクサンヌ=マリ・ガリエズ 絵:セング・ソウン・ラタナヴァン 訳:桜庭一樹 出版社:岩崎書店)

この絵本のキャッチコピーは、「フランスからやってきた美しいベッドタイム・ストーリー」。そう、寝る前に読んで頂きたい癒し系絵本でございます。仕事で嫌なことがあった日、人間関係で落ち込んで帰ってきた日、読んで寝て頂きたい絵本でございます。

ページをめくるたびに目に入ってくる色鮮やかな和テイストの絵。和風でいて洋風というか、不思議な世界観でございます。ストーリーもまた不思議な感じで、そのリズムが心地よく、ページをめくっていくと嫌なことをつい忘れてしまう、そんな絵本でございます。

そして、気付かれましたでしょうか。翻訳者がなんと桜庭一樹さまでございます。

直木賞作家の桜庭さまでございます。現在、朝日新聞で『小説・火の鳥 大地編』を連載中の一樹さまでございます。ちなみに桜庭さまは、海外に行くと必ず現地の書店で絵本を物色するほどの絵本好きだとか。

アートな絵と桜庭さまの日本語がゴイスーに素敵な大人絵本でございます。

「ママ」(作:カン・ギョンス 出版社:永岡書店)

こちらは、子育てを頑張っているママ、これからママになる方に読んで頂きたい絵本でございます。自分の子供への想い、自分の母親への想い、さらに、自分の人生について考えさせられる、読むともれなく気持ち暖かくなる絵本でございます。癒されること間違いナッシングでございます。

こちらの絵本、韓国の絵本なのですが翻訳者が不在でございます。

なぜなら、この本に出てくる言葉は「ママ」だけなのでございます。

人生の様々なタイミング、シチュエーションで発せられる「ママ」という言葉。ママという言葉だけで、ある女性の一生が描かれております。これだけでも興味津々でございますが、ページをめくればめくるほど悲しみや喜び、様々な感情を体感できるのでございます。心が暖かくなるのでございます。

育児に頑張っているお友達がいらっしゃいましたら、是非是非プレゼントして頂きたい絵本でございます。

(文:絵本トレンドライター N田N昌)