【ARUHIアワード11月期優秀作品】『僕の“ある日”』じゅんざぶろう

© アルヒ株式会社

アジア最大級の国際短編映画祭ショートショート フィルムフェスティバル & アジア (SSFF & ASIA)が展開している、短編小説公募プロジェクト「BOOK SHORTS (ブックショート)」とARUHIがコラボレーションし、3つのテーマで短編小説を募集する「ARUHIアワード」。応募いただいた作品の中から選ばれた11月期の優秀作品をそれぞれ全文公開します。

すべてのことに初めてとなる“ある日”があるわけで、僕にもいろんな“ある日”があった。

小学5年の冬休み、クラスメイトと人気アイドルグループのCDを買いに行くことになった。その曲は、ダンスの振り付けがシンプルで、誰でも踊れて、曲も盛り上がるということで、老若男女に愛され、その年の一番売れたCDに選ばれた。
そのアイドルグループは、年末年始はTVに出つづけ、僕もアイドルの出ている番組をすべて見ようと、TVの前から離れることができなかった。

僕たちはCDを買った後、ファミレスに行き、ご飯を食べることになった。僕は親がいないシチュエーションでは初めてのファミレス。ドキドキしながらも、財布と相談をして、「鍋焼きうどん」を注文した。
僕以外の、みんなの料理がテーブルに並び、食べ始めている時、自分の注文した料理だけこない、その状況の落ち着かさなさを初めて味わったあの日。みんなが食べ終わった時に、自分の注文した鍋焼きうどんがくることの気まずさ、そんな中で食べる鍋焼きうどんはまったく味がしないことを知った初めて“ある日”となった。

中学3年の夏、隣の席の高橋という女子に呼び出されて、僕は放課後、ノコノコと人気の少ない焼却炉が置いてある校舎の裏側まで出向いた。
学年で人気がある女子が複数属しているグループのリーダーである大矢っていう苗字の女子と高橋がそこにはいた。
「これ」
大矢っていう苗字の女子から渡されたのは大学ノートを切って手紙の形になっているラブレターだった。
僕が、ドキッとした表情を浮かべていると、すかさず高橋が言った。
「あんたにじゃないよ。野村君にそれ渡してね」
小学校の時から一緒にバスケをやっていて、バスケ部のキャプテンを務めている野村へのラブレターだった。僕は、世の中が不平等であることに気付いてしまったこの日は、今後の生き方を左右する重要な“ある日”となった。

20歳の誕生日は、夜勤のコンビニで迎えた。
駅から近いコンビニだったこともあり、終電が終わるまでは家路を急ぐお客さんで、店内は賑わいを見せている。
24時を回ったタイミングで、ポケットに入れているスマホが震えているのは気付いていた。ただレジを離れることができず、スマホを見ることもできなかった。
レジに並ぶお客さんの列はなかなか途切れない。
「いらっしゃいませ」
「あれ、ケンタ」
名を呼ばれ顔を上げると、そこには同じ大学で、同じフットサルサークルに所属しているタカシ。そしてその横には、チカちゃん。フットサルサークルの1個下の後輩。
なんで、という想いが頭をよぎる中、それを打ち消すようにタカシが質問してきた。
「バイト中?」
見れば分かんだろと思いつつ、適当に相槌を打ち、適当に商品をスキャンし、適当にビニール袋に商品を詰め、お会計をした。
「ありがとうございました」
タカシとチカちゃんは、頑張れよ的なことを言って店を出ていった。2人の後ろ姿を見ると手をしっかり繋いでいて、「仲睦まじい」という言葉がどんな状態を表すのかを初めて知った“ある日”になった。
レジも落ち着き、スマホを見るとメールが1件。開いてみると、こないだパソコンを買った家電量販店から「誕生日おめでとうございます。今月は誕生日割引が適用されます」的な文章が長々と。
嬉しくないお祝いって世の中にあることを知った“ある日”となった。

大学4年の夏、僕の周りでも就職が決まっている奴もいれば、何もせずこの先のことから目を逸らしているような奴もいた。そんな仲間たちでカブトムシを取りに行こうということになった。きっとカブトムシはどうでもよくて、みんなで車に乗って、遠くに行きたかっただけだと思う。
車で2時間ぐらい掛けて、大きさによっては3万円程度で売ることができるカブトムシが生息している森に向かった。
車の中では、会話が途切れることなく盛り上がっていたが、何の話をしたのかは覚えていない。おそらく口から言葉がこぼれていただけで、何の話もしていなかったと思うし、それで良いとも思う。

森に着くと、100円ショップで各々が買い揃えた虫取り網を手に持ち、虫カゴを肩から掛け、薄暗い森の中に入っていった。あとで知ったことだが、本来カブトムシを採る際は、前日の夕方に虫たちが集まる木に樹液を塗り、早朝、日が昇る前に静かに木を見に行き捕まえる、というのが正しい順序らしい。
そんなことはまったく調べもせず、無策で捕獲に向かった僕らが大物のカブトムシを捕まえられるわけもなく、来た時となにも変わらない状態で帰ることになった。
ただ森の中でひと騒動あった。木々が生い茂る密林地帯に入っていくのに誰1人、虫よけスプレーを用意していなかったのだ。先頭を歩いていた奴が蚊に刺されてからは、為す術なく有効な対抗措置を講じることもできず、情けない声を上げるだけで、みんな蚊の餌食になっていった。
ただ僕だけはなぜかまったく蚊に刺されることなく、無事に生還することができた。どうやら蚊も好みがあるらしいことを知ったこの日だが、なぜか帰りの車の中で、僕が蚊に刺されなかった理由は、良い物を食べていない、つまり貧乏だからということになった。
蚊に刺されない奴=貧乏。こんなムチャクチャな式は誰も習ってこなかったはずだ。しかしそのムチャクチャな式はこの日成立した。その日から僕のあだ名は「ボンビー」時々「ボンちゃん」
将来行われるであろう同窓会には、出席するまいと、卒業する前に決断することがあるということを知った、“ある日”だった。

僕も大人になりちゃんとした彼女ができた。ちゃんとしたって言うと、これまでもちょこちょこはあったけど的な雰囲気が出るけど、実際には、僕の記憶の中にはちょこちょこはない。
その彼女と初めての世界中の人類を虜にしている夢の国に行ったあの日。夢の国に行くと別れるとか、行くならこうしろとか、最初にこのアトラクションに行けとか、色々情報をゲットして行ったのに、彼女を楽しませることはできなかった。90分を超える順番待ちでは、沈黙が訪れ、一番人気のアトラクションには乗れず、パレードも人と人の間から少し見えただけだった。
夢の世界は誰しもに夢を見せてくれるわけではないと、初めて気付かせてくれた“ある日”となった。夢の世界にいる住人たちが全員夢心地のわけではないことを知った“ある日”だった。

記憶に薄く残っている“ある日”はたいした1日ではないが、そんな“ある日”が僕の毎日を作っている。

「ARUHIアワード」11月期の優秀作品一覧はこちら
「ARUHIアワード」10月期の優秀作品一覧はこちら
「ARUHIアワード」9月期の優秀作品一覧はこちら
※ページが切り替わらない場合はオリジナルサイトで再度お試しください

この記事はいかがでしたか?