【ARUHIアワード11月期優秀作品】『スパーキーガール』洗い熊Q

© アルヒ株式会社

アジア最大級の国際短編映画祭ショートショート フィルムフェスティバル & アジア (SSFF & ASIA)が展開している、短編小説公募プロジェクト「BOOK SHORTS (ブックショート)」とARUHIがコラボレーションし、3つのテーマで短編小説を募集する「ARUHIアワード」。応募いただいた作品の中から選ばれた11月期の優秀作品をそれぞれ全文公開します。

――彼女が住むのは宇宙なのさ。
上も下もない、この宙で。
鼻からスパゲティを食べろと言うんだ。
美味しいんだと微笑んでくれる彼女。
でも僕は先ず、このヘルメットを取る勇気がないんだよ。

ドッカーーン!!
階下の部屋から凄まじい炸裂音が響いた。ガラガラと崩れる音と共に二階でも振動を感じた。
貴之は慌てて店舗になっている下へと降りて行った。
「何だ、何だ!?」
カフェ店舗となっている一階。
そこには一緒に働く由香里が首を傾げている。
「……あれ?」
店内を見て貴之は仰天。
店舗入口側の壁。人が通れる位の巨大な穴が空いていた。崩れ落ちている瓦礫がまだ砂埃を上げている。「なななな、何やったんだ由香里!?」
「え? いや、ほら貴之君が“ここに店内を見渡せる窓があればね”って言ってたじゃない?」
「確かに言った!」
「で、ほら、四角い窓よりは円い窓がお洒落かなって」
「それで!?」
「それでね、このトンカチで叩いたら綺麗に丸い穴が簡単に空くかなって……」
由香里が“トンカチ”と表現した超巨大な木槌の頭を下に置き、彼女はそれにもたれ掛かり、ふぅと溜息を吐いているのだ。
木槌の頭部が人の頭四個分はある大きさを“トンカチ”と括るとはどうだと色々とツッコミ処は満載なのだが。
それよりもこの巨大木槌を振り回せた由香里に貴之は恐怖した。
「まあ、空いちゃったもんはしょうがないよね? うん、よし」
「よしって一人で納得すな!」

前職の広告代理店を辞め貴之は一念発起。営業で磨いたスキルを生かし人脈を広げ、人が集う場所を創りたいと。
ならばと飲食業を転々と修業し、遂に自分の店を持つ。お客さまが寛げるアットホームなカフェを目指して奮闘中。
周囲に頭下げて土下座して、やっとこさ資金を捻出。そして手に入れて理想の物件。
その理想の城の壁を、さらりと恋人の由香里が破壊したのだった。

空いてしまった穴の前で二人が漫然と立っていると、穴の向こう側から誰かが顔を覗かせて声を掛けてきた。
「よう。さっきの音はこれだったんかい」
覗き来たのは近所に住む虎太郎という中年男性だ。
「あっ、虎太郎さん。こんにちは~」と由香里が手を振って答える。
「俺んちまで音が聞こえて来たぞ……よくもまあ、こんな穴を開けられたもんだ。大変だったろ」
「え、そう? 大した事なかったよ」
向かい合って空いた穴を通して話す二人。いや、その為の穴じゃねえんだよと貴之は思いながら、大した事ないと言った由香里に少し青ざめた。
「しかしどうすんだい? こんなじゃ営業できんだろ」と虎太郎は穴周囲を見廻しながら言った。
「そだよね。どうするんだろうね?」
いや、お前が言うな。穴を開けた張本人だろが。貴之はそう思いながら流石にどうしたものかと頭を抱えた。
「……よし、俺が片づけてやろか」
「えっ? いいんですか!?」と貴之は虎太郎の思わぬ提案に驚く。
「ああ。丁度、仕事もないしな。暇つぶしの日曜大工て感じでやってやるよ」
そう言えば虎太郎さんは建築業の会社を経営してるんだっけ。
喫茶店オープンの近所の挨拶回りに伺い、一、二度程だけ来てくれた人だったが、言わばプロの申し出に有り難いと感じる貴之だった。
「お、お願いします。僕は他にやる事があって……余り手伝えませんが」
「おお、大丈夫だ。やっとくよ」
「は~い私もやる~。虎太郎さんと一緒に綺麗に片づけておく~」と由香里は万歳しながら言うのだ。
手伝うと言った彼女に一瞬だけ不安になったが。
まあ本業の方が一緒なのだから、元通りとまではないにしても直してくれるだろうと貴之は二人に任せるのだった。

nextpage――彼女は知らないんだよ。
この宙で僕は生き辛いんだってことを。
でも笑いながら彼女は言うんだ。 ヘルメット取ってくれなきゃ、キスできないじゃないと。
そんな悩ましいことを言う彼女の唇は。
覚悟決めちゃうくらいチャーミングなんだ。

暫くして、片づいたと言った由香里と一緒に一階に降りる貴之。
綺麗に片づけられていた、確かに。
崩れ落ちた瓦礫。穴の空いた壁。入口側の窓も扉も。
つまりは由香里が穴を開けた壁の一切が綺麗さっぱり無くなっていて、通りに面して店の中が開けっぴろっげになったのだ。
「お、お、おい。か、壁が……」
「うん。綺麗に片づけた」と由香里が微笑んだ。
「片づけたって、これ、穴デカくしただけじゃないか!!」
「違うよ~埋めるよりも無くした方が早く仕上がるって、虎太郎さんが」
それを聞いて店のカウンターでコーヒー片手に一服していた虎太郎が反論する。
「いや由香里ちゃんが“貴之君はオープンテラスにしたかったんだよ”と言うから、だったら無くしてもいいんじゃねぇと返しただけで……」
いやオープンにしても開けすぎだろ、これ。ただの建築途中だって。
どっちが主導かはどうでも良かった。もうここが外か店の中かが分からぬ光景。混乱状態で漫然と見渡すしかない貴之。
しかし、ある物が無いのに気付いた。
「……あれ? 此処にあった柱はどうした……」
「え? うん、退かしたよん」
「退かしたって……」
「ついでに取っ払っちゃった。貴之君、店の中心にあって邪魔だって言ってたじゃん。だから切っちゃった」
それを聞いて貴之は真っ青になった。
「バカ!! あれはここの支柱だから退かせないんだって言ったじゃないか!」
「え??」
言われて由香里と虎太郎は慌てて店の外に出て建物全体を確認。
二人して見上げながら、あーと言う顔をしていた。
そして店の中に残る貴之に向かって由香里が声を挙げて言うのだ。
「貴之く~ん、大丈夫だよー。ちょっと建物、中心に向かってたわんでるけど……大丈夫だって~虎太郎さんが言うには~」
そう言いながら二人は絶対に店の中に戻ろうとしなかった。
「ヤバいんじゃねェか! 絶対に!」と貴之も慌てて外に飛び出していた。
「いや~、由香里ちゃんが絶対に大丈夫だって自分で切り始めたから……やっぱヤバかったなぁ」
あんたプロだろ!? ちょっと考えれば分かる立場だろが! 貴之は思わず虎太郎を睨んでいた。
「しかし取り敢えず支えておかないといけないな。貴之君、何か支え棒になるような物がないか?」
いやアンタの責任もあるんだから自分で探せよ。そう思いながらも貴之は何かないかと周囲を見廻すが適当な物は流石にない。
右往左往していた三人。それを見かねた様に話し掛ける人物がいた。
「おう、由香里ちゃん。一体なにしてるんかね?」
訊いて来たのはスキンヘッド頭、白髪交じりの長い眉が目立つ男性だ。
「あっ、慶二さん。ちょっと大変なんですよ~、これ見て」
慶二さん? ああ一度は店に来てくれた人だっけ。貴之には見覚えはあったが詳しく素性を知らない人物。ご近所だと知るだけだ。
「どれどれ……おっ! 壁が無くなってるじゃないか! それに建物がたわんでいないか? 危ないぞ」
「そうなんですよ~、どうするんですかねぇ~」
いや、お前が切った結果だろが! 何でいつも他人事なんだ!?
「こりゃ何か支えるもんを入れないとマズいなぁ」
「慶二さん、何かありません? ゴッと突き支えるようなもん」
考え込み店の中の様子を見ていた慶二さん。ぽんと手を叩いて何か思い付いたようだ。
「そうだ。ウチにあるやつ持って来ればいい。差し当たって使わんもんだからな」
「ホント!? 慶二さん、助かる~」
「待ってな。運んで来たる」
そう言って慶二さんは慌てて戻って行くのだが、傍で話を聞いていた貴之は気になった。
今、由香里は“ゴッと突き支える”と聞いてたが……そんな聞き方あるか?
「なあ、由香里。あの慶二さんて何やってる人なんだ?」
「うん? ああ、石材屋さん」と彼女は笑顔で言った。
清々しく笑う由香里に一抹の不安を抱く貴之だった。nextpage――太陽に照らされる彼女の瞳に映るもの。
コバルトブルーの地球なんだ。
瞳に収まる世界を見つめると、僕はなんて小さいと知らされる。
愛という時空に彼女といれば、その優しさに甘えてしまう。
僕は飛んでくる所を間違えた流れ星さ。
さっさと消えてしまって良かったんだ。
でも見つけてしまった彼女の瞳のもう一つの世界。
本当に君は宇宙人。やっぱり凄いんだから。

あの慶二さんが帰って暫く。
気が付いたら店の前に何台ものトラックが停まって来た。
トラックから降りてくる人の中には慶二さんに由香里も一緒に。
……おい、何時の間に一緒にいった!? 貴之が呼び止める隙もなく、店の中に次々と運び入れ作業を進める人達。
そして瞬く間に店の中に柱が立ってしまった。
いや正確には積み上げた。大きな石材を一つ一つ重ねて、石のトーテムポールで天井を支えたのだった。しかも三本も。
「よし、これで大丈夫だろ」と慶二さんが胸を張り自慢げに言うのだ。
「そだね、大丈夫だね」と由香里も胸を張った。
いや、お前が自慢するな。一緒になって石材運びをやった彼女のパワフルさには脱帽した貴之。
しかし長方形の石材は隙間なく積み上がっているが何処となく歪。何かあったら崩れてしまいそうな雰囲気。
「後で俺が補強しとくよ。石柱の周りを積木の様に木で囲えば見栄えもいいだろう。別にちゃんとした柱も立てておけば大丈夫だ」と虎太郎が言った。
「おっ流石ですねぇ、虎太郎さん。頼りになる~」と由香里がグーサインを出す。
でも幾ら石材屋と言っても、良くこれだけの石があったもんだと貴之は石柱を周りながら見た。
すると石材の面に何か文字が掘ってある。
何だ? と文字の向きに合わせて貴之は首を傾げる。横向きになった漢字一文字“南”と掘ってあった。
字体も何も明らか。“南無阿弥陀仏”の“南”だ!
「ななな、南って!?」と思わず貴之は指差しながら慶二さんに言う。
「ん? どうした」
「ここ、これって墓……」
「そっちが南向きって事じゃないか」
いやそっちは東だ。貴之の指摘に慶二さんは素知らぬふり。
まさか使われてた墓石じゃねぇだろうな!? 不吉に思いながらも今更に退かしてくれとは言えない貴之。
そして気付けば店の中はすっかり様変わり。アットホームな雰囲気など何処かに飛んでしまい奇抜しかない。もう呆然とするかなかった。
しかし由香里だけは小躍りしながら楽しそうにしている。
その彼女の歓楽の空気に誘われた様に、ひょこひょこと店の中を覗き込んでくる人達が現れるのだ。
「どうしたの由香里ちゃん? お店、改装してるの?」
「あっ、こんちは。いえいえ修理中なの。実はね、虎太郎さんがね……」

訪れるのは見覚えもあるが貴之が知らない人達ばかり。一体、彼女とはどこで知り合った?
大抵はこの店なのだろうが。でも正直、こんなに客が来てたのかどうか。そう思えるくらい貴之の店は芳しくなかった。
穴開けを切っ掛けに集まる人達。その中心に由香里がいてオーバーな仕草で事の経緯を説明しているのだ。

「へぇ~大変だね。……そうだ。オープンテラスにするならウッドデッキよくない? 実は家をそうしようとして材料は揃えたんだけど……作る気力失ってね~」
「そうなの? 使わないんならウチに下さいな」
「あ、俺んちも車庫の扉を変えようとしてね。跳ね上げ式の扉を使い回さない? 結構デカいやつ」
「わー、わー。貰う、貰う~。持って来ちゃって、来ちゃって」
本当の持ち主抜きで集まった人達から材料を集め始める由香里。背後で戸惑う貴之だが、話の盛り上がりに圧倒されて口出し出来ない。
「こりゃ大変な改装になりそうだぁ」
コーヒーを飲みながら虎太郎が微笑ましく言うが、アンタから止めてくれと貴之は睨むのだった。nextpage――いつも迷うんだ。
僕は正論を額に飾って講釈を垂れて。
カビの生えてしまった絵を永遠と言い訳してる。
でも彼女の描く絵はいつも新鮮。
感情生々しく、何時までも乾かない色を留めていて。
その色は、この星の蒼さに似てるって知っている。
だから悪いなと思うんだ。
そんな君が、僕の腕の中に来てしまう事をさ。

もう店内は由香里の世界。
思うがまま。近隣から集められた材料という名目のガラクタ達に飾られ始め。
貴之が目指した夢の城は、良く言えばお菓子の家へと変貌してしまったのだ。
今も近所の男性が持ってきた跳ね上げ式の大きな車庫の扉。それを開けっぴろげの店の正面に据え付けている。
開ければ屋根代わり、閉めれば防犯バッチリ。そう汗だくになって設置を手伝う由香里が言うのだ。
「よし! これでがっちりと設置できたぞ!」
「やった! ねぇー貴之く~ん。この扉、いいしょ? 一回閉めてみるねー」
そう言って由香里と男性が上がっていた扉を掴んで思いっ切り下ろす。

ドーーン!!

扉は長すぎて途中で地面に引っ掛かった。
「……あっ」
あ、じゃねぇよ。どう見ても高さに対して長すぎるだろ、その扉。一体どこに設置してあったんだ、こんな大きな車庫の扉。
「ちょっと切ろう。うん、切ってしまおう」
「そだね、そだね。私、オノ持って来るわ、オノ」
いや“ノコ”だろ。ちょっと怖いこと言うな。
「……由香里ちゃーん。ウッドデッキの材料持って来たけど何処に置くー?」
「あー、そこら辺に投げといて~」

もはや貴之は暴走を止める気力を失っている。唖然として変貌していく店を見つめるだけだ。
しかもこれだけの大人数。よくこれだけ近所に知り合いがいたもんだと由香里に感心した。
そんな茫然自失の貴之と、馬車馬の様に動く由香里を見ながら虎太郎がクスクスと笑いながら言うのだ。

「本当に二人はお似合いだよ」
「はぁ??」
こんな時にこの人は何を言っているんだ? 思わず分からないと怪訝な顔を見せる貴之。すると虎太郎は周囲を見廻しながら語る。
「ここに来てる皆は一度は店に来てるか、または有るのは知っていた人達なんだ」
「はぁ……」
「それは貴之君の御陰だ。君は随分と彼方此方に挨拶に伺っていたからな。発信力は大したもんだと感心するよ。でも……」
「でも?」
「……何だろうなぁ。この店の扉の前に来ると、何故か開けづらくなっちゃんだよな。ついつい緊張してしまうと言うか。そう……畏まってしまう感じだな、うん。だから店を知っても入ってこない人も沢山いたと思うよ」
そう言って虎太郎は由香里を指差した。
「そんな時に彼女が中から開けてくれるんだ。扉をね。軽妙に、あっさりとね。由香里ちゃんのあの受け入れる才能って言えるのかな? あれは凄いと思うよ」
言われて貴之は由香里の方を見た。
今も彼女の周りに大勢の人。これだけの人が店に訪れたのは初めて事だ。あの壁を取っ払った途端に。
「貴之君さ。俺はさ、思うんだよね。アットホームと言っても只の雰囲気なんだよね。本当の我が家はさ。そう出迎えてくれる、中から扉を開けてくれる人がいるのが、そうじゃないのかなとね」
虎太郎はよっこらせと立ち上がると背伸びをして息を吐いた。
「さてと、ウッドデッキを作ってしまうか。材料があるからあっと言う間に仕上がる。……君の発信力と彼女の出迎えがあれば、きっと人は集まるよ」
そう言い残し、虎太郎は腕を回しながら由香里達の輪に入って行った。

今更ながらに貴之は考える。
由香里のとんでもなさは昔から変わらない。決してそこが好きではない。
只、それが今までの自分の中にあった壁を壊してくれるのではないかと期待した。今日、あの壁を破壊した様に。
最初はそれで彼女に興味を持ったと思っていた。
でも違う。本当は彼女が受け入れてくれたから、出迎えてくれたからかも知れない。
それは由香里の心の扉なのか、それとも自分の方がこじ開けられたのか。
どちらでも構わないが、好きになった瞬間はそれだったと貴之は思い出していた。

ノコ片手に額の汗を拭いながら由香里が言った。
「よし、今度こそ大丈夫! 貴之くーん、見てて、見てて! 扉を閉めるからねぇ~」
そうして由香里は短くした跳ね上げ式の扉を力一杯に下ろす。

ドーーン!!

また引っ掛かった。今度はウッドデッキを設置した分、地面の高さが嵩上げされていたのだ。
「……あっ」
流石にその姿に微笑むなんて出来ず、貴之は頭を抱えてしまうのだ。

――太陽に照らされる彼女の瞳に映るもの。
コバルトブルーの地球なんだ。
瞳に収まる世界を見つめると、僕はなんて小さいと知らされる。
愛という時空に彼女といれば、その優しさに甘えてしまう。
僕は飛んでくる所を間違えた流れ星さ。
さっさと消えてしまって良かったんだ。
でも見つけてしまった彼女の瞳のもう一つの世界。
そうさ君は宇宙人。本当に凄いんだから。

「ARUHIアワード」11月期の優秀作品一覧はこちら
「ARUHIアワード」10月期の優秀作品一覧はこちら
「ARUHIアワード」9月期の優秀作品一覧はこちら
※ページが切り替わらない場合はオリジナルサイトで再度お試しください

この記事はいかがでしたか?