女性に体液かける…朝のJR武蔵野線車内で後ろから 容疑で会社員を逮捕 余罪もある可能性/浦和署

©株式会社埼玉新聞社

浦和署=埼玉県さいたま市浦和区常盤

 埼玉県の浦和署は25日、器物損壊の疑いで、春日部市南3丁目、会社員の男(28)を逮捕した。

 逮捕容疑は昨年4月26日午前7時すぎ、JR武蔵野線の新習志野駅―府中本町駅間の電車内で、川口市の30代女性の着衣に体液をかけて損壊した疑い。

 同署によると、男は「電車内で後ろから体液をかけたのは間違いない」と容疑を認めているという。同署は余罪もあるとみて捜査している。