香港航空、機内食の提供取りやめ ビジネス・エコノミーともに水のみ提供

© Traicy Japan Inc,

香港航空は、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、2月19日から機内食の提供を取りやめる。

ビジネスクラスではボトル、エコノミークラスはカップ入りの水のみ提供する。他の航空会社では、個包装された食事を提供するなどの制限を設けている会社もある。全面的に提供を取りやめたのは香港航空のみとみられる。すでに毛布や枕、雑誌の提供を停止しているほか、2019年12月からは座席モニターでのエンターテインメントの提供を突如取りやめている

香港航空ではすでに、ロサンゼルスやバンクーバー線などの長距離路線の運航を、経営合理化の一環として停止しており、現在は中国本土や日本、タイなどのアジア域内路線のみを運航している。