富田望生、中村倫也主演「美食探偵 明智五郎」で超大食い女子に

© 株式会社東京ニュース通信社

中村倫也主演で、4月にスタートする日本テレビ系連続ドラマ「美食探偵 明智五郎」(日曜午後10:30、開始日未定)に、富田望生が出演することが決定した。

本作は、人気漫画家・東村アキコ氏によるコミックを映像化したサスペンスドラマ。中村演じる容姿端麗だが超変わり者で美食家の探偵・明智五郎が、相棒の小林苺(小芝風花)と共に、類いまれなグルメに関する知識を使って殺人事件を解決していくストーリー。“探偵と殺人鬼”という対立関係でありながら、“ひかれ合う男女”でもある明智と殺人鬼のマリア(小池栄子)との関係も描かれていく。

富田が演じるのは、明智の相棒・苺の幼なじみで親友の桃子。「ピーチ不動産」社長の一人娘で家は超お金持ち。大食いで、お金には困らないため働かず食べてばかり。食べることが何より好きで、いつも食べ物が描かれた洋服を着ている。そして、明智に負けず劣らず食に詳しく、苺と明智の関係に興味津々で、何かと世話を焼こうとするという役どころ。東村氏の原作では番外編の「美食探偵助手 小林苺」に登場しているキャラクターで、苺の危機には颯爽と登場するという、原作にはない役割も担っている。

2月25日が誕生日で、本作が20歳になって初のゴールデン・プライム帯連続ドラマレギュラー出演となる富田は「苺の親友“桃子”を演じます、好きな食べ物は桃の富田望生です。存在感があるような…ないような…(笑)。いい意味でどちらにも当てはまるスピード感を持ち合わせた彼女を生きる時間は、さまざまなギャップを楽しみながら、新しい価値観を開拓している感覚です」と心境を語り、「苺のそばに生まれたからには、皆さんに面白がってもらえるよう、とことん真面目に走ろうと思います。お楽しみに!」と気合が入っている。

なお、番組公式ツイッター(@bishoku_ntv)では番組アカウントをフォローし、キャンペーンツイートをリツイートしてくれた方の中から抽選で2人に、富田のサイン入りチェキが当たるプレゼントキャンペーンを実施中。