aiko、女王蜂、Eveなど2月リリースの6作品を紹介

© JAPAN MUSIC NETWORK, Inc.

フリーマガジン『music UP's』vol.184(2/20発行)にも掲載中の『DISC GUIDE』から、2月リリースの6作品を紹介!

1.『Smile』/Eve
2.『ピースの報せ』/ユレニワ
3.『BL』/女王蜂
4.『バンドワゴン』/かりゆし58
5.「星をあつめて」/fhána
6.「青空」/aiko

『Smile』/Eve

Album 2/12 Release

TOY'S FACTORY
【Smile盤(DVD+特製ブックレット
+シングルジャケセット付)】
TFCC-86702 ¥4,180(税込)
【通常盤】
TFCC-86703 ¥3,080(税込)

エレクトロニック、ヒップホップ、EDMを織り込むことで生まれたのは、かつてない重厚感。前々作『文化』より描いてきたノスタルジックであり、ワクワクな感情と貧しい心がもたらす闇との差がさらに大きく開いた格好だ。中盤の《この夜を上手に歩けたなら 君にも朝が降るだろう》と闇に光を灯す「朝が降る」を抜け、「胡乱な食卓」で不気味な終幕を迎える流れは、まさにひと筋縄ではいかない人生への憂いを物語っている。
TEXT:小町碧音

『ピースの報せ』/ユレニワ

Album 2/19 Release

MASH A&R;
MASHAR-1008
¥2,500(税抜)

数々のコンテストで受賞歴を持つ千葉発の4人組による1stアルバム。透明度の高いヴォーカルを看板に、ギターロック/オルタナ色の強い演奏が特徴的。美メロを押し出した楽曲は取っ付きやすいが、どこかひと筋縄ではない癖も忍ばせている。中盤以降はエレクトロやピアノを用い、いい意味で前半5曲を裏切る流れも面白く、定型に収まらないバンドの魅力を封じ込めた飽きさせない一枚と言っていい。
TEXT:荒金良介

『BL』/女王蜂

Album 2/19 Release

Sony Music Associated Records
【完全生産限定盤(lily)】
AICL-3806〜7 ¥4,000(税抜)
【完全生産限定盤(rose)】
AICL-3808〜9 ¥4,000(税抜)
【通常盤】
AICL-3810 ¥2,500(税抜)

前作『十』から9カ月のスパンで届いた7thアルバムはカラフルでゴージャス! 一曲一曲衣装チェンジを遂げたバラエティーに富む作品に仕上がった。TVドラマ『10の秘密』オープニングに起用された表題曲はミステリアスな雰囲気漂う中毒性の高さ。他に和テイスト、ミュージカル調、ソウル、R&B;、打ち込みなど多岐に渡るジャンルを乗りこなし、全曲シングル級の楽曲が揃っている。素晴しい!
TEXT:荒金良介

『バンドワゴン』/かりゆし58

Album 2/22 Release

LD&K; Records
LDCD-50139
¥3,200(税抜)

フォーカルジストニア発症で活動を離脱していた中村洋貴(Dr)がパーカッションで参加した、バンド第二章の始まりを告げる8作目。《分かり合えない孤独を 分かち合う事くらいは 僕らにも出来るよ》と中村の復帰を鼓舞するような「バンドワゴン-5seats-」をはじめ、宇徳敬子とのコラボ曲、ネーネーズへの提供曲のセルフカバー他、かりゆし58にしか表現できないうちなーエナジーに満ちた、温かく雄大なナンバーが並ぶ。
TEXT:田山雄士

「星をあつめて」/fhána

Single 2/26 Release

Lantis
LACM-14974
¥1,650(税込)

空を飛ぶ鳥のように解放的なtowana(Vo)の歌声、オーケストラアレンジされた静謐なサウンドー。それらが合わされば、統一感のある美麗な作品へと昇華されていく。劇場版『SHIROBAKO』の主題歌「星をあつめて」をはじめ、明日を変える強さを掲示。田淵智也(UNISON SQUARE GARDEN)が作詞で参加した「Code“Genius”?」の英詞バージョンも豪華
な仕上がりに。
TEXT:小町碧音

「青空」/aiko

Single 2/26 Release

【初回限定仕様盤】
PCCA.15001 ¥1,200(税抜)
【通常仕様盤】
PCCA.15001 ¥1,200(税抜)

眩しすぎる青空と刺さって抜けない刺みたいに甘くて苦い恋の記憶。1年9カ月振りのシングルは、タブーと知りながら好きになってしまった人への想いを綴ったラブソング。罪と愛おしい時間に胸を揺らせるリアリティーのある心理描写が素晴らしく、その切ない歌に彩りと光を与えるトオミヨウのエレクトロニックで軽快なアレンジとのコントラストが、aikoの魅力をよりいっそう際立たせている。
TEXT:山本弘子