リアル人妻店が大打撃! 「『全校休校』でふつうに営業している人妻風俗店はニセモノです」 人妻にしか癒やされない男たちも大打撃

© TABLO

画像はイメージです

新型コロナウイルス騒動で安倍首相が「全国休校」の要請を出したことで、ネットやSNS上も大荒れです。そんななか、ひっそりと錦糸町にある風俗店のつぶやきが流れていました。

<リアル人妻の当店にとっては大打撃ッス!! 早く終息しますように…>

ただでさえ、コロナウイルスの「濃厚接触」を恐れて、お客さんの足が遠のいているなかで、肝心の働き手に休まれては、風俗店はどうにもなりません。

しかし、この錦糸町にあるお店は、全校休校で出勤できなくなった風俗嬢たちが在籍しているということで、逆説的に真の「子持ち人妻」が在籍する風俗店を証明することができました。

たしかに、人妻の在籍を売りにしている風俗店にとっては「リアル人妻」を証明するチャンスともいえますが、「子持ち」を隠して昼間に働く風俗嬢とそのお店にとって、「全校休校」はただただ痛手でしかありません。

また、痛手なのはお客も同じです。

世間やマスコミは、看護師や介護士といった命に関わる医療現場にばかりに目が行きがちですが、人妻の癒しを求める男たちにとっては、リアル人妻と出会えるかどうかは「死活問題」のようです。

<独身の俺にとって、人妻の癒しだけが生き甲斐だった…コロナのせいで出会えない>

SNS上ではそんな声もありました。

リアル人妻風俗店のみならず、リアル人妻との出会いを求めるサイトやSNSでの募集も、今は厳しい状況にあるとのこと。万が一出会えたとしても、それは「ニセ人妻」としか思えないようです。

「休校でも“子どものいない人妻”には関係ないのでは?」という素朴な疑問に対して、「真の人妻マニア」を自称する男性はこう答えてくれました。

「我々が求める“人妻”は、あくまでも夫がいて、小中学生くらいの子どもがいる人妻です。子どものいない人妻やシングルマザーは、“リアル人妻”じゃありません。子どもが成人だったり自立していてもダメです。家庭の匂いというか…生々しさが感じられません。そこに癒しはないのです」

さらに、この男性は、リアル人妻と出会えるスポットとして「スポーツジム」にも通っていたそうです。

「スポーツジムって本当に狙い目だったんですよ。子どもが学校に行っている昼間に通って、ダイエットついでに不倫している人妻だらけです。そんなスポーツジムもコロナが発覚した所があったり、“濃厚接触の可能性が高い場所”として安倍首相にまで指摘されたりして…とにかくコロナウイルスの終息を待つばかりです」

不謹慎極まりない! と言いたいところですが、コロナウイルスの終息を願う理由も人それぞれ。今回の「全校休校」によって、あらゆる所にしわ寄せがきていることだけは間違いないようです。(文◎編集部)