中国地区での初の新型コロナウイルス関連、アイツアーの(株)愛トラベル(広島)が破産へ

© 株式会社東京商工リサーチ

 (株)愛トラベル(TSR企業コード:720200393、法人番号:8240001020684、広島市安佐南区川内6-44-32、設立1998(平成10)年6月、資本金5500万円、南波好紀社長)は3月10日までに、事業を停止した。本社には「経営継続が不可能となり、広島地裁に破産を申請する予定」との張り紙が掲示されている。
 負債は現在調査中。

 1998年6月にバスツアーに特化した営業を開始し、ピークの2002年5月期の売上高は約20億円を計上した。その後、売上高は14億円前後で推移していたが、2010年9月に総務省が貸切バス事業者への指導・監督を強化したことで業容を縮小。2011年5月期の売上高は約9億8300万円と大幅に落ち込み、その後も低迷が続いていた。

 2015年から自社の保有バス運行などで業績改善に取り組んでいたが、2019年5月期は「平成30年7月豪雨」に伴う運行停止や予約客からのキャンセルが発生し、売上高は約5億5000万円に落ち込んでいた。さらに、今年に入り「新型コロナウイルス」感染拡大の影響で客足が鈍化し、事業継続が困難となった。